Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.53『マイナーキー実践編 ~その2~ ハーモニックマイナーについて』

 

【vol.53】『マイナーキー実践編 ~その2~ ハーモニックマイナーについて』

(※【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

引き続き、「マイナーキー実践編」として、マイナーのツーファイブについて学んでいきましょう。

 

前回は、

『マイナーキーの楽曲の場合、本来、ナチュラルマイナースケールから成り立つダイアトニックコードでコード進行が成り立っているはずが、「Ⅴ m7」が「Ⅴ 7」に変わっていて、ハーモニックマイナー的な音使いが出てきた』

と言う話でしたね。

そしてその理由として、トーナル・センター(キー・センター)の半音下に位置する、「導音(リーディング・トーン)」の存在が挙げられました。

 

これは、ナチュラルマイナースケールのm7thの音を半音上げてM7thにし、コード進行(やメロディー)としての解決感を強めるのが目的です。

 

今回は、その辺りの理屈がどうなっているのか?

 

もう少し詳しくやっていきましょう。

 

キーワードは、

『ハーモニックマイナースケールのダイアトニックコード』

これです。

 

では、始めていきましょうか。

 

題材は引き続きkey=AmのⅡ-ⅤーⅠである、

Bm7(♭5)⇒E7⇒Am7

の進行です。

 

前回の話を踏まえると、key=Am時のⅤ7であるE7の部分は、Aナチュラルマイナーではなく、Aハーモニックマイナーから来るコードである、と言う事でしたね。

 

これは、もう少し突っ込んだ話をすると、

ナチュラルマイナースケールで構成されるダイアトニックコードがあるように、ハーモニックマイナースケールで構成されるダイアトニックコードもある、で、そこからⅤ7のコードを持ってきている

と、こういう事です。

 

そして、メジャー、マイナーの時に、アイオニアン~などのモードがあった様に、ハーモニックマイナーにも7つのモードがあります。

 

こんな話をすると、「うわー、またコードとかスケールを覚なきゃならないのかよ。」と、思うかも知れませんが笑、別に覚えなくても良いです。(※普通はそんなに使わないので)

 

それらの中にちゃんとⅤ7がある事と、一部のコードだけ確認しておいてください。(※ですが、ジャズ等をやりたい人は、出来るだけ覚えておくと良いことがあるかもしれません)

 

と、言うことで、ハーモニックマイナーのダイアトニックコードとモードスケールはこちら。

教科書53-1

 

いやぁ、いきなりこんなものを出されても、とんでもない謎言語っぷりだと思いますが、実は、今まで学んできた事を使えば、大体のものは普通に解明できたりします。(※でも無理に覚えなくても良いです)

 

カッコでの注釈が多いのは、構造的に色々な呼び方が出来たり、されていたりするから、ですね。

 

興味のある方は、ハーモニックマイナースケールをじっくり見ながら、以前学んだ「コードの成り立ちの法則」と、「インターバル的な音名の呼び方」のそれぞれの知識を駆使すれば、音構成が名前の通りになっていることがわかるでしょう。

 

ですが、とりあえず今回重要なのはここです。

教科書53-2

 

赤字にしたのは、今、問題になっている『Ⅴ 7』ですね。(※くっついている「♭9」の事は今は忘れてください)

 

後はハーモニックマイナーのトニックコードである「Ⅰ mM7」と、
たまに使う事になる「Ⅶ dim7」の、2つのコードとモードスケールの名前を、何となーくで良いので、頭の片隅に入れておきましょう。

 

普通の曲を弾くならば、大方、その3つくらいで十分ですので。

 

さて、マイナーキーのツーファイブでは、多くの場合、Ⅴm7ではなくてⅤ7を使う、と言う話でしたが、そのⅤ7のコードがこちらにはしっかりありますよね。

 

要するに、ナチュラルマイナーのダイアトニックコードには存在しない「Ⅴ 7」と言うコードは、この、ハーモニックマイナーのダイアトニックコードから持ってきているわけです。

(※音楽の歴史的には、コードとスケールのどちらから持ってきたのかは僕はわかりませんが)

 

なので、前回確認したとおり、Ⅴ7の部分では、音構成もハーモニックマイナーに変わっていますよね?(※ナチュラルマイナーのG音がG♯音に変わっている)

 

と、この様な理屈で、マイナーキーのⅡ-ⅤーⅠには、Ⅴ7が出てくるのです。

 

さて、基本的な理屈もわかったところで、次に、

『じゃあ、実際のギタープレイでは何を弾くのか?』

について考えていきましょう。

 

今、題材にしているコード進行はkey=AmのⅡ-ⅤーⅠなので、進行はBm7(♭5)⇒E7⇒Am7ですね。

 

Bm7(♭5)と Am7の2つのコードについては、普通にAナチュラルマイナースケールを弾けば良いのですが、問題なのはE7ですね。

 

とは言え、この講座をずっと受けているあなたなら、ここまでの解説で、「ハーモニックマイナー系(のもの)を弾くんでしょ」という予想が付いていることでしょう。

 

で、まったくその通りなんですが、ここでもう一度、ナチュラルマイナーとハーモニックマイナーのダイアトニックコード表を見てみましょうか。

教科書53-3

 

それぞれを対比してみるとこの様になりますね。

 

通常、Aマイナーキーの場合、Aナチュラルマイナー(Aエオリアン)系のスケールを使う事になりますが、Ⅴ7の部分はAハーモニックマイナーから来ているコードなので、Aハーモニックマイナー系のスケールを使います。

 

で、上の表を見ての通り、Ⅴ7であるE7上では、『EハーモニックマイナーP5th ビロウ』というスケールが対応しているので、それを使ってメロディーやソロを弾く事になります。

(※ハーモニックマイナー・パーフェクトフィフス・ビロウと呼びます)

 

このスケールの名前だけを聞くと「なんじゃそら」って感じですが、要するに、

『基準とするハーモニックマイナースケールのトニックから見て、
P5thにあたる音から弾き始めるスケールですよ』

と、そのまんまの名前だったりします。

(※『Below (ビロウ)』が『以下』とか『より下に』と言う意味ですね)

 

今回のkey=Amの例で言えば、基準音がA音なので、「EハーモニックマイナーP5thビロウスケール」と言ったら、

『Aハーモニックマイナースケールの構成音の、トニックであるA音から見て、P5thであるE音から順に弾いていくスケール』

と、こういう話です。

 

スケールの名前がやたら長いので、『Hmp5↓』と省略して書かれる事も多いです。(※この講座でも、今後は『Hmp5↓』略称を使います。)

 

さてさて、長ーい解説もひと段落したところで、実際に使う、スケールポジションを覚える作業に入っていきましょう。

 

まずは基本としての、「Aハーモニックマイナースケール」の重要ポジションを2つと、Ⅴ7に対応する「EHmp5↓スケール」の重要ポジションを2つずつ覚えます。

 

とりあえず、この、合計4つのポジションを覚えているだけでも、かなりツーファイブに対する対応力が上がりますので。

 

それでは、Aハーモニックマイナーの重要ポジションから。

図、Aハーモニックマイナー重要ポジションその1

教科書53-4

譜例

教科書53-5

図、Aハーモニックマイナー重要ポジションその2

教科書53-6

譜例

教科書53-7

 

次にHmp5↓の重要ポジションです。

図、Ehmp5↓スケール重要ポジションその1

教科書53-8

譜例

教科書53-9

図、Ehmp5↓スケール重要ポジションその2

教科書53-10

譜例

教科書53-11

まずはこの4つのポジションを覚えましょう。

 

指使いは、アドリブ等で実際のメロディーを弾く際は、これとは違ってくる場合もあると思いますが、トレーニングとしてはこの辺りが一番自然に弾けるでしょう。

 

もちろん、後々は自分の弾きやすいように変えてもらっても構いません。

 

これらのスケールポジションを、過去の講座で練習してきたようなパターンや、自分が普段トレーニングとして行っているパターンに当てはめて、スケールの雰囲気(響き)を感じながら、じっくり弾いてみてください。

 

ついでに確認して欲しい事としては、結局、どちらのスケールも、構成している音自体は同じなので、それぞれのポジション内に、もう片方のスケールも見る事が出来る、と言う点です。

 

Aハーモニックマイナーのポジションの中にEHmp5↓がありますし、その逆も然りです。

 

その様な見方もしておくと、スケールを把握するスピードが早くなるでしょう。

 

それでは、今回は以上です。

 

次回は、今回覚えたスケールをどの様に使っていくのか?

 

その辺り、譜例を交えながら解説して行きたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

大沼

 

Comments
Leave a response

Leave a Response