【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.52『マイナーキー実践編 ~その1~ マイナーキーのⅡ-Ⅴについて』

 

【vol.52】『マイナーキー実践編 ~その1~ マイナーキーのⅡ-Ⅴについて』

(※【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

さて、これまで3回に渡って、マイナーキーの基本知識として、

・ナチュラルマイナースケール
・リラティブ・キーとの関係性
・マイナーキーのダイアトニックコード

について、学んできましたね。

 

やはり、まずはこの辺りの事を知っていないと、音楽をやる上で、色々と不備があります。

 

どんな分野にも、「必要最低限の知識」と言うものがありますからね。

 

と言う事で、ここ3回の講座で、マイナーキーについての基本は抑えたので、今回からは実戦です。

 

で、何をやるのかと言うと、

『マイナーキーのツー・ファイブに対するソロの弾き方』

を、学びます。

 

いきなりソロかよ!と思うかもしれませんが、マイナーキーのツー・ファイブ進行を理解するには、実際の弾き方で学んでしまった方が効率が良いので。

 

とは言え、いきなり対応法を全て学ぶ訳ではなく、まずは、「基本的な理屈と考え方」についてです。

 

それでは始めていきましょうか。

 

まず、keyはいつものようにkey=Amで。改めてダイアトニックコードを確認してみましょう。

教科書52-1

もう見なれたコード群ですね。これらのコードもメジャーキーの時と同じように、トニック(T)、ドミナント(D)、サブドミナント(SD)に分類します。

 

正直なところ、マイナーキーのダイアトニックコードの分類は、正確に解説すると少し複雑なので、まずは重要なところだけ把握していれば十分です。

 

今後必要になった時に、表を見ながら分析していけば良いので。

 

で、大まかには以下のようになるのですが、まずは赤字で示したインターバルのコードのみ、役割を覚えてください。

教科書52-2

 

さて、なぜかⅤ度に、ナチュラルマイナースケールの構成音からは導き出されないコードが出てきましたね。

 

先の講座で、

『マイナーキーの時は、イレギュラー的に使うコードやスケールを変化させることがある』

と、お話ししたと思いますが、早速それが出てきました。

 

と言う事で、ここがマイナーキーを攻略していく上で、基本であり、一番重要なポイントなのですが、

元々のマイナーキーのⅤ度のコードは「Ⅴm7」になるのですが、
マイナーキーのⅡ-Ⅴ-Ⅰの進行(終止形)の時は、Ⅴm7をⅤ7に変化させる

のです。(絶対ではありませんが)

 

これにはちゃんと理由がありますので、詳しくやっていきましょう。

 

まず、メジャーキーのダイアトニックコードの分類を思い出して欲しいのですが、コード進行は基本的に、一番落ち着く、トニックコード(T)に進んでいく、と解説しました。

 

そして不安定なドミナントのコードから、安定するトニックのコードに向かうⅤーⅠの進行は、最も力強く自然な流れを生むので、強進行と呼び、楽曲の中でよく出てくる、と。

 

この強進行が、なぜ聴覚上の安定感をもたらすのかについては、次回詳しく解説しますが、実は、Ⅴ7の中のある1音が重要な役割を果たしているのです。

 

で、その1音とは何かと言うと、今回のkey=Amの例では、Ⅴ7にあたるE7 コードのM3rd、G♯音がそれに該当します。

 

key=Amの基準スケールである、Aナチュラルマイナースケールには、本来、G♯音は含まれていませんよね?

 

key=Amのトーナル・センターであるA音から見ると、G♯音はM7thにあたります。

教科書52-3

 

ここで一番最初の、key=Amのダイアトニックコード表を思い出して欲しいのですが、本来、Ⅴ度のコードはⅤm7であり、key=Amの場合、それはEm7が該当していますね。

教科書52-4

教科書52-5

 

ですが2つ目に挙げた表では、主要和音としては、Ⅴm7ではなく、Ⅴ7が出てきています。

 

この2つのコードの違いは、コードを押さえてみるとわかりますが、それぞれの3rdにあたる音、G音とG♯音ですよね。

教科書52-6

この1音の変化により、マイナーキーの強進行、即ちⅤ7-Ⅰmの流れが出来るのですが、コードの構成音音が変化しているので、元々の基準スケールである、Aナチュラルマイナースケールにも影響を与える事になります。

 

変化している部分は、先にも書いた通り、Aナチュラルマイナースケールの
m7th(♭7th)であるG音が、M7thにあたるG♯音になっている所ですね。

 

そしてこの変化により、Aナチュラルマイナースケールはどうなるのか?と言うと、
「Aハーモニックマイナースケール」と言うスケールに変化します。

※Aハーモニックマイナースケール
教科書52-7

 

このスケールの詳しい解説は、今後の講座でやっていきますので、ハーモニックマイナースケールは、ナチュラルマイナースケールのm7thを半音上げて、M7thにしたもの、とだけ覚えておいてください。

 

そもそも、なぜこのような変化をさせるのか?についてなのですが、これは、導音(どうおん、英語ではリーディング・トーン)という概念が元になっています。

 

導音とは、

多くの場合、トーナル・センター(トニック)に対して半音下に接する音

を指すのですが、

調性が聴覚上で明確である場合に、この音が鳴ると、半音上のトーナル・センター(トニック)に進んで解決したくなる

のです。

 

この様に、「トニックを導く音」として「導音(リーディング・トーン)」と呼ばれるのですね。

 

今回の例で言うならば

AナチュラルマイナースケールのA音や、Am(Ⅰm)コードを事前に聴いていて、それがトニックである、と認識している場合、G♯音を聴くと、半音上のA音に進みたくなる(解決したくなる)

と、言うことです。

 

これは実際に弾いてみればわかります。

 

例えば、Aナチュラルマイナースケールを弾いた後、Aハーモニックマイナースケールを弾いてみると、G♯音を弾いた時点で、ナチュラルマイナーの時より強く、次のA音に進みたくなる筈です。

 

コード進行の場合も同じで、元々のkey=AmのⅤm7を使ったⅡ-Ⅴ-Ⅰである、

Bm7(♭5)⇒Em7⇒Am7

の進行よりも、

Bm7(♭5)⇒E7⇒Am7

の進行の方が、Ⅴ度のコードの時に、強くⅠm7に解決したくなりますよね。

 

これらの話をまとめると、

ナチュラルマイナースケールのままだと、トニックに半音下で接する導音が無く、ハーモニーとしては不安定なので、

ドミナントコード(不安定)⇒トニックコード(安定)

の流れをより強固にする為に、Ⅴm7を、導音を含んだⅤ7に変えて、よりナチュラルな解決を促す、ということです。

 

先ほども例に出しましたが、Em7⇒Am7よりも、E7⇒Am7の方が明らかに解決感が強いですよね?

 

この様な理由から、マイナーキーのダイアトニックコードとしては本来出てこない、Ⅴ7 というコードがドミナントとして出てくるのです。

 

と言う事で、今回はこの辺りで一度区切りたいと思います。

 

段々と解説が、専門用語のオンパレードで複雑になってきましたね。

 

基本的には、まだ解説していない言葉は使っていないはずなので、よくわからない単語や概念が出てきたら、過去のテキストを復習してもらえればきっとわかるはずです。

 

重要なのは、頭で理屈を理解するのと一緒に、実際にギターで弾いてみて、耳でも理解しておく事です。

 

今回やったこととしては、

・ナチュラルマイナーとハーモニックマイナーのスケールの違い

・導音の意味と効果

・Ⅴm7⇒Ⅰm7 と、Ⅴ7⇒Ⅰm7の解決感の違い

と、こんなところですね。

 

それぞれのスケールやコードをじっくりと聴きながら弾いてみて、耳でどう感じるのか?と言う部分を確認しておきましょう。

 

では、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

 

大沼