Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.49『マイナーキーことはじめ ~その1~ ナチュラルマイナースケールの基本』

 

【vol.49】『マイナーキーことはじめ ~その1~ ナチュラルマイナースケールの基本

(テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

今回から『マイナーキー(とその楽曲)』について学んでいきましょう。

 

これまでは、ひたすらメジャーキーを元にして、色々な事を学んできましたね。

 

ですが、世の中には、マイナーキーの楽曲も、メジャーキーの楽曲と同じくらい存在します。(※正確な数は分かりませんが笑)

 

それでもあえて、メジャーキーを徹底的にやってきたわけですが、その理由としては、単に「その方が、全てがわかりやすくなるから」です。

 

やはり、大本の基準として、あらゆる事がわかりやすいのがメジャーキー(特にC メジャー)ですし、その知識なくして、先に進む事はできません。

 

メジャーキーの楽曲は、これまで学んだロジックでおおよそ分析できるのですが、(※特殊なアレンジがされてなければ)

 

マイナーキーの楽曲は、イレギュラー的に、使うコードやスケールを変化させるのが当たり前だったりします。(※当たり前であるのなら、イレギュラーとは言えないかもしれませんけども)

 

この辺り、特に独学でアドリブ理論やアレンジを学んでいると、つまづきやすい所ではないかと思います。

 

なので、基礎としてのメジャーキーの知識があってこそ、マイナーキーも理解できる、といった感じなんですね。

 

ツー・ファイブの進行がどうたら、とか、ハーモニックマイナーがこうたら、とか、そういった、一見、意味不明なことをマスターしていくのも、マイナーキーでのトレーニングが重要になってきます。

 

さらに、ディミニッシュ・スケールや、ハーモニックマイナー・パーフェクト5thビロウ、リディアン♭7などの、謎のスケール群を使いこなせるようになる為の基本も、マイナーキーにあります。

 

と、言うことで、当然、先に進むにつれて複雑にはなってくるのですが、一気にやろうとせずに、1つ1つクリアしていけば、どうにでもなりますので。

 

難易度の高いものをクリアした時、謎が解けた時、使いこなせるようになった時、ギタープレイでの、新しい快感が得られることでしょう。

 

この辺がわかると、演奏がかなり楽しくなってくるので、焦らず、じっくりと取り組んでいきましょう。

 

さて、ではまずは、基本中の基本、『マイナーキーのそもそもの概念』からやっていきましょう。

 

と、いってもメジャーキーの時とまったく同じなのですが。

 

例としては、マイナーキーを解説するときに一番わかりやすい、key=Amでいきます。

 

まず、key=Amの楽曲があった場合、

・その楽曲のトーナル・センター(キー・センター)は『A 音』
・その楽曲の基準スケールは『Aナチュラルマイナースケール』

と、この2つの情報が得られます。

 

key=Amの場合、A音を基準にして、ナチュラルマイナースケールのインターバルで音を並べて、基準となる音階を作る、と。

 

そしてその、ナチュラルマイナースケールの構成音を使って、楽曲の様々なパーツが成り立っているわけです。

 

ナチュラルマイナースケールのインターバルは、

(tonicから)全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音

と、なっていて、A音をトニックにして音階を作ると、構成音は、

A、B、C、D、E、F、G

の7音になります。

図、Aナチュラルマイナースケール

教科書49-1

 

構成音を見ての通り、AナチュラルマイナースケールとC メジャースケールはまったく同じですし、これまでも時々、

『メジャーとマイナーのキーやスケールは、それぞれ対になっているモノがあるんですよ』

みたいな事を、それとなくお話ししてきましたね。

 

これまで散々C メジャーキーを例にしてやってきたのも、マイナーキーを解説していく時、対になっているAマイナーキーが一番わかりやすいからです。

 

調号として♯や♭が出てこないので、頭でも把握しやすいですし、視覚的にも、指板上で非常に見やすくなっています。

 

で、基準スケールの構成音がC メジャースケールと同じ、と言う事は、そこから形成されるダイアトニックコードも同じモノが出来上がる、と言う話になりますよね?

 

なのでkey=Amのダイアトニックコードと、キーセンターであるA音から見たインターバルは以下のようになります。

※Aマイナーキーのダイアトニックコード(トライアド / 4和音)

Ⅰm (Ⅰm7)           Am (Am7)
Ⅱm(♭5) (Ⅱm7(♭5))   Bm(♭5) (Bm7(♭5))
♭Ⅲ (♭ⅢM7)          C (CM7)
Ⅳm (Ⅳm7)           Dm (Dm7)
Ⅴm (Ⅴm7)              Em (Em7)
♭Ⅵ (♭ⅥM7)                      F (FM7)
♭Ⅶ (♭Ⅶ7)        G (G7)
(※Ⅴ7云々は今後のテキストで解説します)

 

テキストのvol.30~31 くらいでやった、Cキー時のダイアトニックコードと順番が違うだけで、コード自体は同じですね。

※Cキーのダイアトニックコード

Ⅰ、C            (CM7)
Ⅱ、Dm         (Dm7)
Ⅲ、Em        (Em7)
Ⅳ、F          (FM7)
Ⅴ、G                    (G7)
Ⅵ、Am              (Am7)
Ⅶ、Bm(♭5)   (Bm7(♭5))

 

両者の見てくれの違いとしては、ローマ数字のインターバルに♭が出てきていることでしょうか。(♭Ⅲ、♭Ⅵ、♭Ⅶ)

 

これについては、指板上でインターバルを数えてみると、そうなっている理由がわかるでしょう。

図、Aマイナーキー時、Aナチュラルマイナースケールのインターバル

(※ローマ数字のインターバルに対応しているのは5弦の音です)

教科書49-2

例えば、A メジャーキーと対比させてみると、より、♭の付いている意味がわかりやすくなります。

図、A メジャーキー時、A メジャースケールのインターバル

(※こちらもローマ数字のインターバルに対応しているのは5弦の音です)

教科書49-3

 

Aマイナーキーの方では、♭の付いている度数の音が、きちんと半音下がっていますね。

 

これらは、トーナル・センターであるA音に対する、ローマ数字でのインターバルになります。

 

では次に、A音をトニックとした、Aナチュラルマイナースケール的な観点から、各音のインターバルを見てみましょう。

※Aナチュラルマイナースケールのインターバル

A(tonic) ⇒B(M2nd) ⇒C(m3rd) ⇒D(P4th) ⇒E(P5th) ⇒F(m6th) ⇒G(m7th or ♭7th)

 

こちらもA メジャースケールと対比させて、違いを確認してみましょう。

 

結局、上の指板図と同じことなので、そちらを見ながらでもOKです。

※A メジャースケールのインターバル

A(tonic) ⇒B(M2nd) ⇒C♯(M3rd) ⇒D(P4th) ⇒E(P5th) ⇒F♯(M6th) ⇒G♯(M7th)

 

これらの例からもわかる通り、ナチュラルマイナースケールとメジャースケールを比べると、3rd、6th、7thの3つの音に変化が起こっている、と言う事ですね。

 

このポイントは非常に重要なので、しっかり把握しておいてください。今後、色々なところで使います。

 

さて、先ほどから当たり前のように出てきている、“ナチュラルマイナースケール”と言う名称ですが、これが“ナチュラル”であると言うのならば、“ナチュラルでない”マイナースケールがあるのか?という疑問が湧いてくるかと思います。

 

で、実際、あります。

 

主となるマイナースケールには3種類あって、それぞれ、

・ナチュラルマイナースケール(自然的短音階)
・ハーモニックマイナースケール(和声的短音階)
・メロディックマイナースケール(旋律的短音階)

と名前がついています。(※カッコ内は日本語訳)

 

どのスケールも、役割や使うべき状況がキチンとあるのですが、これからしばらくはナチュラルマイナースケールのことだけをやりますし、それを理解してもらえれば大丈夫です。

 

残りの二つは後々やりますので。

 

で、いま学んでいるナチュラルマイナースケールなんですが、要するに『フツーのマイナースケールなんだな』と思っていてください。

 

ナチュラル(自然的)なんて呼ばれているくらいなので、そういうことです。

 

3種あるマイナースケールの基本形ですね。

 

後、最後に、以前(講座のvol.21、22辺りで)やった、チャーチモードのスケールが7種ありましたよね。

 

その中の、「エオリアンスケール」と「ナチュラルマイナースケール」は同じものです。

 

これも名前が違うだけですね。

 

この辺りは、単にカテゴライズされた時代や国、言語が違うことによるものだと思うので、

エオリアンスケール = ナチュラルマイナースケール

と、さっくりこの認識でいてください。

 

では今回は、この辺りにしておきましょう。

 

ローマ数字やら、英語やら、新しい単語やらが沢山出てきて、読んでいて、知恵熱が出て来ているかもしれません。

 

以下、今回のまとめです。

 

key=Am とあった場合、

・その楽曲のトーナル・センターは『A 音』

・その楽曲の基準スケール(基準ダイアトニックスケール)は『Aナチュラルマイナースケール』

 

key=Amの楽曲のダイアトニックコードは、

Ⅰm (Ⅰm7)                 Am (Am7)
Ⅱm(♭5) (Ⅱm7(♭5))   Bm(♭5) (Bm7(♭5))
♭Ⅲ (♭ⅢM7)          C (CM7)
Ⅳm (Ⅳm7)           Dm (Dm7)
Ⅴm (Ⅴm7)              Em (Em7)
♭Ⅵ (♭ⅥM7)                      F (FM7)
♭Ⅶ (♭Ⅶ7)        G (G7)

 

・AナチュラルマイナースケールとC メジャースケールは構成音が同じ

・AマイナーキーとCキーの楽曲のダイアトニックコードも(出てくるコード自体は)同じ

ナチュラルマイナースケールとメジャースケールを比べると、3rd、6th、7thの3つの音が変化している(※←重要です)

 

主となるマイナースケールは3種類、

・ナチュラルマイナースケール(自然的短音階)
・ハーモニックマイナースケール(和声的短音階)
・メロディックマイナースケール(旋律的短音階)

がある。

 

・チャーチモードのエオリアンスケールとナチュラルマイナースケールは名前が違うだけで同じもの

 

と、こんなところですね。

 

いきなり全てを把握するのは大変なので、今後、使っていく中で、1つ1つ身につけていきましょう。

 

では、次回に続きます。

 

ありがとうございました。

 

大沼

 

テキスト全80回フルバージョンのダウンロードはこちらから可能です。

 

Comments
Leave a response

Leave a Response