Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.45『ダイアトニックコード・アルペジオ』

 

【vol.45】ダイアトニックコード・アルペジオ

(テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

前回は、インターバルからの逆算、と言うことで、“Listen To The Music”の進行を例に、コードをインターバルに当てはめてみました。

 

それまでは、“コード進行を”インターバル的に見ていましたが、ここ2回のテキストでやったのは、その逆の作業ですね。

 

これらは、どちらの方向からでも出来ることが大事になってきますので、曲をコピーする度に、分析する癖をつけましょう。

 

さて、今回は、

“ダイアトニックコード・アルペジオ”

と、言うことで、

『指板上でコードトーン・アルペジオを弾くエクササイズ』

を覚えていきましょう。

 

“アルペジオ”というと、コード(フォーム)を押さえて、「タ、タ、タ、ターン」と弦を順番に、重ねて弾いていく奏法を思い浮かべるかもしれません。

 

しかし、今回トレーニングするものは、音を重ねずにコードトーンを1つずつ弾いていくものになります。

 

このトレーニングフレーズは、ギターソロで(ほぼ)そのまま使えたり、指板上で、コードの構成音が様々な角度から見えるようになりますので、早いうちにマスターしておきましょう。

 

では、まず設定するkeyですが、今回はkey=Dでいきます。

 

なぜいつものCではなくDなのかと言うと、練習フレーズの都合上、そちらの方が弾きやすくなるからですね。

 

何はともあれ、弾いてみればわかります。

 

と、言う事で、key=D時のダイアトニックコードを確認してみましょう。

※key=D時のダイアトニックコード

Ⅰ、D    (DM7)
Ⅱ、Em   (Em7)
Ⅲ、F♯m    (F♯m7)
Ⅳ、G    (GM7)
Ⅴ、A (A7)
Ⅵ、Bm (Bm7)
Ⅶ、C♯m(♭5) (C♯m7(♭5))

 

当然ながら、key=Dの楽曲に対応するスケールは、D メジャースケールですね。

 

今回のトレーニングは、上のコード一覧の左側、トライアドのコードを使って行います。

 

なので出てくる音は、root、3rd、5thのみになりますね。

 

各コードの、

・3rdが、M3rdになるのか、m3rdになるのか
・5th が、P5thになるのか、♭5th(dim5th)になるのか

これらを意識しながら練習していきましょう。

 

それでは、実際の練習フレーズは以下になります。

譜例、key=Dダイアトニックコード、コードトーン・アルペジオ / トライアド5弦ルート

※指使いは3種類あり、同じ形のものは省略しています

教科書45-1

この譜例を基準に、トレーニングを行っていきます。

 

最初は譜例の通りに順に弾いていき、最後まで行ったら戻る、と言うように、上がったり下がったりを繰り返してみてください。

 

メジャーキーのダイアトニックコードには、

・メジャー系コード(メジャー・トライアド)
・マイナー系コード(マイナー・トライアド)
・マイナー♭5 コード(ディミニッシュド・トライアド)

の3種類のトライアドが出てくるのですが、それらのコードの各フォームを、指板上で見ると以下のようになっています。

メジャー系コード(メジャー・トライアド)の5弦ルートのフォーム

教科書45-2

マイナー系コード(マイナー・トライアド)の5弦ルートのフォーム

教科書45-3

マイナー♭5(ディミニッシュド・トライアド)の5弦ルートのフォーム

教科書45-4

 

5弦ルートのトライアドで見る場合、出てくるフォームはこの3種類になります。

 

この手のコードトーン・アルペジオのトレーニングは、上記以外にも色々なパターンが作れるのですが、まず最初は、これらのフォーム(と奏法)を覚えてください。(※弾き方はこれ以外にもあります)

 

最終的には、様々なkeyで、このダイアトニックコードのアルペジオを弾けることが目標ですね。

 

鳴らす弦が移る時、音が重ならないように、不要弦のミュートに注意しながら、1音1音丁寧に弾いていきます。

 

さて、基本的なトレーニングフレーズを学んだところで、

 

もう1つ、これを発展させた練習にチャレンジしてみましょう。

 

何をやるのかと言うと、単純に、3音刻みでこのフォームを弾いていく、と、言うものなのですが、両手ともに非常に良いトレーニングになります。

 

以下の様なものですね。

譜例、key=D、ダイアトニックコード、コードトーン・アルペジオ / トライアド5弦ルート3音刻み

教科書45-5

先ほどの譜例と同じ要領で、ダイアトニックコードの7つ全てをこの様に弾いて行きます。

 

7種のコード全てを書くと、凄まじく長い譜面になるので、コード2つ分のみにしましたが、概要はわかってもらえると思います。

 

さて、今回の譜例は以上なのですが、これらのトレーニングが最終的に何に使えるのか?と言うと、大きく分けて2つあります。

 

1つめは、まず、指板上でダイアトニックコードが連結して見えて来る様になる事です。

 

今まで行ってきた、各種スケールトレーニングと組み合わせたり、それぞれのフォームや構成音、インターバルが、どういった位置関係になっているのか?

 

その辺りを意識しながら練習すると、より効果が実感出来るでしょう。

 

そしてもう1つは、ギターソロのフレーズとして(ほぼ)そのまま使える事ですね。

 

コードトーン・アルペジオ的なフレーズをソロで使う、と言うのは、1つの鉄板の奏法なのですが、今回覚えたのは、その基礎となるフォームですね。

 

これらをそのまま使っても、サマになることも多いですし、深く勉強していくと、もっと高度な演奏に発展していきます。

 

今までコピーしたことのあるソロを振り返って見たら、近しい形が使われている可能性もあるでしょう。

 

今回のフォームは、そのままでは、そこまで使われませんが、大きく指板上を動くスウィープ形のフレーズも、こう言ったコードトーン・アルペジオのフォームが元になっていたりします。

 

あとは、使い方によっては、ワザと半音ずらしたりして、アウトっぽい感じ(調性=keyから離したり、近づけたり)を、手軽に表現することも出来ますね。

 

フュージョンのようなジャンルが好きな人は、必須と言ってもいいでしょう。

 

この辺りのソロのアプローチは、講座の後半の方で触れていこうかと思っています。

 

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

大沼

(テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

Comments
Leave a response

Leave a Response