Now Reading
曲のエンディング等に使える、覚えておきたいメジャーセブンスのヴォイシング

【曲のエンディング等に使える、覚えておきたいメジャーセブンスのヴォイシング】

 

 

どうも、大沼です。

 

今回は、メジャーセブンス(XM7)コードのヴォイシングアイディアですね。

 

一般的に、メジャーセブンス・コードのヴォイシングと言えば、
以下の様な形が挙げられると思います。

 

図1、XM7、6弦ルート(※以下赤丸がルート)

mov01-maj7-1

図2、XM7、5弦ルート

mov01-maj7-2

図3、XM7、4弦ルート

mov01-maj7-3

図4、XM7、トライアド+M7th

mov01-maj7-4

 

この4つが動画で最初に紹介しているものですね。

 

ギタリストとしては、

『なんとか(←ルート音)メジャーセブンス(コード)』

と言われたら、上の4つのヴォイシングくらいは、
パッと弾ける様にしておきたいところです。

(※他にも使いやすいヴォイシングはありますが)

 

 

で、今回の本題であるヴォイシングはこちら。

 

図5、XM7(9,13)、ルート省略のヴォイシング

mov01-maj7-5

 

動画でも解説している様に、赤の空丸(6 or 1弦)にルートを見ているのですが、実際には押さえないパターンですね。

 

それぞれ構成音としては以下の様になっています。

mov01-maj7-6

 

なので、想定しているコードとしては、『XM7(9,13)』みたいな感じになりますね。
(※動画内ではGM7(9,13)として弾いています)

 

ハイポジションで使えば煌びやかに、ローポジションで使えば重厚な響きが得られるヴォイシングですね。

 

普通にアルペジオなどで使っても良いですし、動画で弾いている様にエンディングなどで使っても綺麗です。

 

 

このヴォイシング単体で使う場合、大方、ルート音を他の楽器がカバーしてくれている事を想定しますが、ギター単体で使う事も可能ではあります。

 

正し、ギター単体で弾く場合は、ルート音が無いので足場(土台)がスッと無くなる様な状態になり、コードの進行感があやふやになったりもするので、その辺りは気を付けましょう。

 

 

後、ギターの場合、6弦開放がE音なので、以下の様にEM7(9,13)として使ったりするのもアリですね。

mov01-maj7-7

こう弾くと、ベース(低音)部を保ちながら、上で豪華な響きを維持できます。

(※このヴォイシングは、『B add9/E』の様に解釈することも可能です。)

 

 

さらに、これも動画で少しお話ししていますが、5弦まで人差し指でセーハ(バレー)すると、M3rdが加わり、より分厚い響きを得られたりもします。

mov01-maj7-6

 

これもやはり、4弦までをセーハするヴォイシングとは響きが変わりますので、それぞれ状況に合わせて使い分けていきましょう。

 

 

ではまた次回。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response