Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.38『ダイアトニックコードの分類、T、D、SD~その1~』

※この講座(vol.38)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.38tdsd1.pdf

 

 

【vol.38】ダイアトニックコードの分類、T、D、SD ~その1~

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

前回、ついに自力での耳コピにチャレンジしてもらいました。

 

最初は時間が掛かるかも知れませんが、
やってみたら、意外とどうにかなるもんです。

 

いきなり小難しい曲をやるのではなく、シンプルな曲からコピーしていって、
徐々に耳を慣らしていくのが耳コピ上達のポイントです。

 

僕は中学生の時に、ジャズギタリストの
ウェス・モンゴメリーを耳コピしようとして、
さっぱり聴き取れずに、一度挫折したことがあります。

 

今思えば、全然身の丈に合っていない曲をやろうとしていて、
そりゃ出来なくて当然だよ、って感じですが。

 

しかもその頃は音楽理論はもちろん、
スケールもペンタくらいしか知らなかったですし。

 

その時聴き取っていた音源のピッチが、基準ピッチ(多くはA=440Hz前後)から
結構離れている事にも気が付かず、「なんか合わねーなー」とか思っていました。

 

とまあ、先にもお話しましたが、耳コピのスタートアップの段階では、
聴き取りやすい曲を選ぶ、というのは結構大事です。

 

じゃないと、僕のように、本来必要のない
挫折をする可能性がありますからね。

 

やりやすいジャンルとしては、パンク系、ロック系、ハードロック系、
後はバンドスタイルのポップス、といったとこですね。

 

この辺は、曲にもよりますが、
比較的シンプルな構成になっていることが多いので。

 

「どうしてもやりたいんだ!」と言う曲が、一定以上の難曲だったとしたら、
僕は止めませんが笑、それなりに時間が掛かるであろう事は、覚悟しておきましょう。

 

 

さて、では今回は、引き続き“Photograph”をサンプルに、
楽曲分析のポイントを学んでいきましょう。

 

今回のテーマは、タイトルにもある様に、

『ダイアトニックコードの、トニック、ドミナント、サブドミナントの分類』

です。

 

これをわかっていると、楽曲の構造が判別しやすくなり、展開が予測できるので、
曲中での「コード進行の流れ」みたいなものが一目でわかるようになったりします。

 

もちろん、コピー、アドリブ、分析と、全ての行為に通じる知識なので、
きっちりとマスターしていきましょう。

 

ではまず、これまで見てきたダイアトニックコードなのですが、
これら7種のコードは、機能として大きく3つの種類に分けることが出来る
のですね。

 

そして、それぞれに役割のようなものがあり、そのコードを鳴らすと、
次はこの様に進行したくなる、といった性質があるのです。

(※正確には、特定のコードに進行したくなったり、
どのコードにでもいけたりする、と言った感じ)

 

その分類の大きな括りがタイトルにもあるように、

・トニック(コード)     (tonic)
・ドミナント(コード)    (dominant )
・サブドミナント(コード) (subdominant )

の3つ。

 

それぞれ頭文字をとって、書籍などでは、

トニック→T、ドミナント→D、サブドミナント→SD

と、表記されていたりします。

 

で、ダイアトニックコードの7つを、そのコードの機能(種類)によって
それぞれに割り振ることが出来る、と。

 

 

大まかに、3つの分類を説明すると、トニックコードは、
スタート地点だったり、帰って来る家(ホーム)のような機能のコードです。

 

コード進行は、(多くの場合)トニックコードに始まり、トニックコードに終わると言うことですね。

 

次に、ドミナントコードは、そのコードを鳴らすと、すごくトニックコードに
進行したくなる(感じになる)コードです。

 

トニックコードを家とするならば、曲が始まったら(家から出かけたら)、
最後にはトニックコード(家)に帰ってきますよね?

 

ドミナントコードは、鳴らすと、「ああ、そろそろ(トニックに、家に)帰ろうかな」という感じになる
性質のコード、と言うことです。

 

最後にサブドミナントコードですが、これは、

ドミナントコードほど、家には帰りたくはならないけど、
「まだ、出かけてようかな?でも、別にもう家に帰ってもいいな」という様な、
比較的自由な進行感のあるコードです。

 

ドミナントが、「とにかく家(トニック)に帰りたい!」というコードだとしたら、
サブドミナントは、「まあ、別にどっちでもいいけど」という若干、強制力の緩いコード、
ということですね。

 

もう少し音楽的に聴覚上の話をすると、

・トニック→安定
・ドミナント→不安定
・サブドミナント→少し不安定

というように人間は聴いて感じる、と捉えてもらえればOKです。

 

人間の聴覚としては、基本的には『安定したくなる(=トニックに行きたくなる)』ので、
ドミナントコードで不安定さを感じたら、安定したくなりますし、

サブドミナントコードでの、多少の不安定さならば、
「まだ行ける」のか、「もう帰ろう」とするのかは自由、と言うことですね。

 

一般的な楽曲のコード進行は、主にこれら3つのコード分類によって、
展開や進行感をコントロールされています。

 

 

では次に、ダイアトニックコードの、どれがどの分類とされるのかを見ていきましょう。
これまで通り、メジャーキーでの解説です。

 

まず、ダイアトニックコード7つの内、「主要和音」とされる3つのコードがあります。
その3つのコードとは、キーに対してⅠ度、Ⅳ度、Ⅴ度にあたるものです。

 

※主要和音(Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ)

Ⅰ               (ⅠM7)
Ⅱm           (Ⅱm7)
Ⅲm           (Ⅲm7)
Ⅳ             (ⅣM7)
Ⅴ                   (Ⅴ7)
Ⅵm               (Ⅵm7)
Ⅶm(♭5)     (Ⅶm7(♭5))

 

この3つがそれぞれ、

・Ⅰ度→トニックコード
・Ⅳ度→サブドミナントコード
・Ⅴ度→ドミナントコード

に分類されます。

 

Ⅰ             (ⅠM7) →トニック
Ⅱm          (Ⅱm7)
Ⅲm          (Ⅲm7)
Ⅳ            (ⅣM7) →サブドミナント
Ⅴ                  (Ⅴ7)  →ドミナント
Ⅵm              (Ⅵm7)
Ⅶm(♭5)     (Ⅶm7(♭5))

 

ダイアトニックコードのつは、このⅠ、Ⅳ、Ⅴ度のコードを基準に分類していくのです。

 

ここで前回の課題曲、“Photograph”を例に、具体的にこの3つのコードが、
どう使われているのかを見ていきましょう。

 

まず“Photograph”のキーはAだったので、ダイアトニックコードはこの様になり、
その内のT、D、SDにあたるⅠ、Ⅳ、Ⅴ度のコードは以下の3つですね。

key=A ダイアトニックコード

Ⅰ、A               (AM7)  トニック
Ⅱ、Bm             (Bm7)
Ⅲ、C♯m             (C♯m7)
Ⅳ、D               (DM7) サブドミナント
Ⅴ、E                      (E7)   ドミナント
Ⅵ、F♯m                (F♯m7)
Ⅶ、G♯m(♭5)   (G♯m7(♭5))

 

そして前回載せた譜面の一部を見てみると、

vol38-1

まず曲のスタートである、1小節目がトニックコードであるAのコード。

 

次に5~8小節目をみてもらえればわかりますが、key=Aに対する、

サブドミナントであるDコード→ドミナントであるEコード→トニックであるAコード

と、SD(少し不安定)→D(不安定)→T(安定)のスムーズな流れになっています。

 

サブドミナントは、感じとしては不安定そこまで強くは無いので、
まだトニックに行かずに、他のコードに進んでも良いわけです。

 

そして次にドミナントに進んで、不安定感を強くして、
トニックに行きたくなる。(安定したくなる)、と、こういう事ですね。

 

先ほどもお話しましたが、
人間は基本的には安定したくなる(安定を感じたくなる)わけです。

 

なので、コード進行というものは、多くの場合、どうにかこうにかして、
安定まで持っていくようなものになっている、と言うことです。

 

我々も、家から出かけるとしたら、色々と用事を済ませて、
その内家に帰ってきますよね?

 

音楽もそれと同じです。

 

そしてこれらのコードの機能を理解して、

・時にはすぐに帰ってみたり、
・別の家に行ってみたり(転調など)、
・ずーっと家に帰らないでみたり、と

様々な感じ(雰囲気)を表現する(1つの技法)のがコード進行であり、
コードアレンジである、とそういうことです。

 

その為のベースとなる知識が、
今回のトニック、ドミナント、サブドミナントの分類なのですね。

 

それでは、今回は以上になります。

 

次回は、残りの4つのコードの分類と、事例として、引き続き“Photograph”を例に、
その他の部分のコード進行の分析をしていきましょう。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

 

 

※Top image by Billy Frank Alexander →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response