Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.30『楽曲の成り立ちを考えてみる』~その2~

※この講座(vol.30)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.30com2.pdf

 

【vol.30】楽曲の成り立ちを考えてみる ~その2~

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

『楽曲の成り立ちを考えてみる~その2~』と言う事で、今回もやっていきましょう。

 

前回は、ダイアトニックコードの基本的な考え方の解説で終わってしまいましたが、
今回こそは、課題曲に入っていきたいと思います。

 

と、言いつつも、テキストを作ってみたら、
イントロの4小節しか進まなかったんですが・・・。

 

まあこれも、極力細かく解説している代償だと思って
もう、じっくりとやって行くことにしましょう。

 

その解説も、最近覚えたばかりの音楽用語のオンパレードで、
文章がややこしくなってますし。

 

何事も最初が肝心ですからね。

 

さて、前回の内容をざっと確認しておくと、『let it be』という楽曲は、

・key=Cである

・key=Cなので、Cメジャースケールがこの曲の基準スケールとなる

・主にkey=Cのダイアトニックコードである、C、Dm、Em、F、G、Am、Bm♭5の
7つのコードで構成されている

と、こう言うことでした。

 

これらを踏まえた上で、早速、実際のコード進行を確認していきましょう。

 

まずはイントロからです。細かくピアノの音の動きを採ると、
もうちょっとコード表記を動かしてもいい気もしますが、
理論をわかりやすくするために、シンプルにしたものを見ていきます。

 

※『Let it be』 0:00~

vol30-1

 

譜面の通り、大きくは2拍ごとのコードチェンジです。

 

見ての通り、Cキーのダイアトニックコードの中から、C、G、Am、Fのコードが使われています。

 

この曲のことをまったく知らない状態でも、理論がわかっていると、
このコード進行を見ただけで曲のkeyが判別できてしまいます。
(※少なくともこの4小節間の部分は)

 

なぜなら、この種類のコードの組み合わせが出てくるキーは、Cキーしかないから、ですね。
(※わかる人にはわかると思いますが、Amキーについてはマイナーキーの解説の時にやります)

 

ここでもう一度、Cキーのダイアトニックコードを見てみましょう。

1、C
2、Dm
3、Em
4、F
5、G
6、Am
7、Bm(♭5)

 

この中のコードの種類に注目してみると、

メジャー系のコードが、C、F、Gの3つ。(※4和音ならばCM7、FM7、G7)

マイナー系のコードが、Dm、Em、Amの3つ。(※4和音ならばDm7、Em7、Am7)

マイナー♭5のコードが、Bm(♭5)の1つ(※4和音ならばBm7(♭5))
※Bm♭5もマイナー系のコードですが、とりあえず今は分けて考えておきましょう。

ですね。

 

そのkeyとスケールに対応したダイアトニックコードというものは、仕組み上必ず、

メジャー系のコードが3つ、マイナー系のコードが3つ、マイナー♭5のコードが1つ、

と、このような数に分かれます。
(※通常のチャーチ・モード準拠の曲であれば)

 

これは基本的な仕組みとして、文字通り『必ず』こうなります。

 

これをベースに、必要に応じて特殊なコードアレンジをしたりしなかったりするわけですが、
それは、最初にこのルールがあってのものです。

 

この辺り、重要な事なので、もう少し、詳しく見ていきましょうか。

 

まず、keyが決まって(決めて)、それと同時に、そのkeyに対応したスケールが決まりますね。

 

例としては、いつも通り、key=Cで、対応するスケールはCメジャースケールでいきましょうか。

 

次に、Cメジャースケールの構成音を、トニックであるC音から順番に並べます。

1、C
2、D
3、E
4、F
5、G
6、A
7、B

構成音は7音なのでこうですね。

 

ここから、前回解説した、Cメジャースケールのそれぞれの音をルートにして、
1音おきに音を重ねてコードを構成すると、

1、C    (CM7)
2、Dm   (Dm7)
3、Em   (Em7)
4、F    (FM7)
5、G          (G7)
6、Am      (Am7)
7、Bm(♭5) (Bm7(♭5))

と、自然とこのようになるわけです。

 

これはトーナル・センターをどの音にして、どのメジャースケールに当てはめてみても、
この順番で、このコード群が出来上がります。

 

試しに、他のkeyでもやってみましょうか。

 

例えばもう1つ、とある楽曲があったとして、こちらはkey=Eだとしましょう。

 

Eキーということは、基準スケールはEメジャースケールですよね。

 

トニックであるE音から、メジャースケールの全全半全全全半のインターバルで
音を並べるとこうなります。

1、E
2、F♯
3、G♯
4、A
5、B
6、C♯
7、D♯

 

これで、Eメジャースケールの構成音は、E、F♯、G♯、A、B、C♯、D♯の7音である、
という事が分かりました。※(ギターの指板上で確認してみましょう)

 

で、この構成音をルートに、1音置きに音を積み重ねて、
Eキーのダイアトニックコードを構成すると、

1、E
2、F#m
3、G#m
4、A
5、B
6、C#m
7、D#m(♭5)

と、こうなるのです。

 

こうなるのです、と言われても・・・、と思うかも知れませんが、
自然とこうなってしまうのですね。

 

先にも書きましたが、どの音をトーナル・センターにしても、
必ずこのダイアニックコードの構成になります。
(※メジャーキーの場合)

 

仕組み的にここまで限定されるのですから、
まったく知らない曲でも、ベース音やコードを2つ3つ聴き取れれば、
かなりの確率で、その曲のkeyがわかります(予想できる)。

 

この様な音楽の構造があるので、let it beという曲自体を知らなくても、
耳コピと音楽理論の複合技で、キー判別から曲全体のコピー、把握へと繋がるのです。

 

とまあ、この一曲だけを見てみても、まだあまり実感が湧かないかもしれませんが、
今後も引き続き、色々な楽曲で理論の使い方やコード分析の内容はやっていきますので。

 

と言うか、まだlet it beも全部終わっていないですしね。

 

では、短いですが、今回は以上になります。

 

今回学んだ事としては、

『keyと、そのkeyの基準スケールからのダイアトニックコードの導き方』

ですね。

 

まだまだ知識の扱いに慣れないかもしれませんが、
こう言った事をずっと考えて音楽をやってると、キーを確認しただけで、
パッと7つのダイアトニックコードが頭に浮かぶようになったりします。

 

初期段階では、コピーや作曲をしていてキーを決めたら(分かったら)、
ノートなどに書き出して、パッと見れるようにまとめておくといいですね。

 

今回例に挙げた、CとE以外のキーでも、
同じ様にダイアトニックコードを割り出してみましょう。

 

ではまた次回。

 

ありがとうございました。

 

大沼

 

 

 

 

 

※Top image by Billy Frank Alexander →facebook

 

Comments
Leave a response

Leave a Response