Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.28.5『コード・トーン』と『ノンコード・トーン』 、そして『アヴォイド・ノート』

※この講座(vol.28.5)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.28.5ct&nct&avoid.pdf

 

 

【vol.28.5】『コード・トーン』と『ノンコード・トーン』 、そして『アヴォイド・ノート』

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

前回、前々回と、基本的なインターバルの位置と名前を覚えたところで、
今回は、新しい用語を少し解説しておこうと思います。

 

その新しい用語とは、タイトルにもある通り、『コード・トーン(chord tone)』
『ノンコード・トーン(nonchord tone)』、『アヴォイド・ノート(avoid note)』というもの。

 

この3つの用語の内、『コード・トーン』と『ノンコード・トーン』ついては、
そんなに小難しい解説は要りません。

 

もう、ほぼ文字通りの意味です。

 

『コード・トーン』の単語の意味を調べてみると、
『コード(和音)の、トーン(音、音調)』、即ち、この文脈では、
『そのコードの構成音』の事。

 

『ノンコード・トーン』は、『そのコードのコード・トーン以外の音』の事。

 

そのまんまですね。
(※「tone」を「音」と訳すのは少し狭義的すぎる気もしますが、この文脈では、
こうしておくのが分かりやすいと思います)

 

ちなみに『ノンコード・トーン』は日本語としては『非和声音(ひわせいおん)』とか、
『和声外音(わせいがいおん)』とか呼ばれたりします。

 

さて、「コード・トーン」はそのまま「そのコードの構成音」のことなので、
比較的わかりやすいのですが、少し考えなくてはならないのが「ノンコード・トーン」の方です。

 

「そのコードのコード・トーン以外の音」と言われれば、まさにその通りなんですが、
実際にそれらの音を楽曲の中で使おうとする場合、
大きく2つのパターンを考える必要があります。

 

まず1つ目ですが、以前お話ししましたが、楽曲で主に使われるコードは、
その曲のkeyの基準となるスケールから成り立っていますね?

 

key=Cならば、Cメジャースケールの7音から、その曲で主に使われる
各コード(ダイアトニックコード)が出来ているわけです。

※Cメジャースケール全体図

vol28.5-1

 

で、例えばCメジャースケールの構成音上に出来る、CM7のコードならば、
C、E、G、Bがコード・トーンで、残りのD、F、Aがノンコード・トーンになりますよね。

 

※key=Cの楽曲でCメジャースケール上に構成されるCM7の場合

vol28.5-2

 

ここで1つ、気を付けなければいけない事があるのですが、
例えば、CM7の様な4和音(七の和音)であれば、
コード・トーンとノンコード・トーンの分類は簡単です。

 

ですが楽曲の中で「C」の様な、純粋なトライアドが指定されている場合、
7th音(M or m)をどう扱うか(そのトライアドの上で7度を鳴らせるのか)?と言う部分は、
結構、デリケートな問題になってきます。

 

トライアドと7th系のコードでは響きが全然違うので、トライアドにしておくべき場所で、
7th系の音を入れてしまうと、その響きが合わない場合があります。

vol28.5-3

 

この辺り、純粋なトライアドに対しては、7度の音はノンコード・トーン寄りに
考えていた方が安全でしょう。

(※譜面にトライアドが指定されていても、「ここは4和音でもOK」と解釈して、
7度まで鳴らして大丈夫な時もあります。)

 

ちょっと小難しく感じるかもしれませんが、現段階では、単純に、
『トライアドに対しては、7度の音は気を付ける』くらいに思っていてください。

vol28.5-4

さて、「ノンコード・トーンは、大きく2つのパターンを考える」と言う話の、
ここまでが1つ目です。

 

これは「その楽曲のkeyの基準スケール内の音」で考えた場合ですね。
(※CキーならCメジャースケールの構成音内)

 

もう一つのパターンは、「基準スケール以外の音」のパターンです。

 

CキーならCメジャースケールのCDEFGAB以外の音、12平均律の全12音から
ダイアトニックスケールの7音を引いた、残りの5音(C♯、D♯、F♯、G♯、A♯など)のことですね。

 

これらの音は、普通に見たらノンコード・トーンっぽいですし、ダイアトニックコードのみの進行で、
そのコードが鳴っている上でメロディーなどで経過的にちょろっと出てきた場合、
ノンコード・トーンとして見ていいと思います。

※key=Cのダイアトニックコードのみの進行で、Cメジャースケール外の音が出てきた場合

vol28.5-6

 

ただ、部分転調の様なアレンジで、そのkeyのダイアトニックコード以外のコードが出てきて、
元のキーの基準スケールに含まれない音が出てきたけれども、その時のコードの構成音で
ある場合、その音はコード・トーンです。

 

※key=C(その楽曲の元々のキー)のダイアトニックコード以外のコードが出てくる進行で、
そのコードの上でCメジャースケール外の音が出てきた場合

vol28.5-7

 

と、言う事で、2つ目のパターン、「その楽曲の基準スケール以外の音」が出てきたときは
こんな感じで考えます。

 

ちょっと小難しい解説になってしまいましたが、最初に言ったように、コード・トーン、
ノンコード・トーンとは、文字通り、『そのコードのトーン(構成音)か否か』と言うわけですね。

 

なので、前回学んだ『テンション』は『ノン・コードトーン』になります。

 

コードトーンじゃないもの(そのコードに対して安定感の薄い(低い)音)をコードに入れるから、
「テンション(緊張)」が生まれる、と。

 

さて、新しい用語を2つ覚えたところで、最後の1つ、

『アヴォイド・ノート(avoid note)』

についても、軽く見ておきましょう。

 

各単語の意味を見ると、『避ける(avoid)、音、音符(note)』ということで、
これもほぼそのままの意味ですが、実際のプレイ時の感覚で言うと、
『(ある状況では)鳴らす事(使い方)に注意する音』みたいな感じです。

 

もう少し具体的には、

『絶対に鳴らしてはいけない時もあれば、
一定の範囲なら鳴らしても大丈夫な時もある』

と言ったところでしょうか。

 

で、このアヴォイド・ノートなんですが、代表的なスケールには0~2音程度(大方1音)
含まれていて、『そのスケールから構成されるコードの機能(≒響き)を阻害する』と言う
考えから、設定されています。

 

なので『(そのコードの邪魔をするので)避ける音』の名の通り、アヴォイド・ノートは、
ノン・コードトーンの内のどれかになります。

 

この辺りはちょっとルールがややこしいので、
今は「そういうものがあるんだなー」くらいに思っていてください。

 

後々、必要な時にやっていきますので。

 

では、今回は以上です。

 

新しい3つの用語、

『コードトーン』、『ノンコード・トーン』、『アヴォイド・ノート』

それぞれ覚えておいてくださいね。

 

今後の解説で出てきますので。

 

ありがとうございました。

大沼

 

※Top image by Billy Frank Alexander →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response