Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.23『ずっと同じトニックで行こう』

※この講座(vol.23)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.23majorscale7poj3.pdf

 

【vol.23】ずっと同じトニックで行こう

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

ここ2回の講座で、7つのポジションを覚える
トレーニングを紹介したわけですが、ここでもう一丁、
スケールトレーニングの方法を学んでおきましょう。

 

今までは、Cメジャースケールの各構成音をトニックに、
指板上でポジションを移しながら練習していました。

 

今回やるのは、ずっと同じトニックから、
各スケールポジションを練習する、といったトレーニング法です。

 

要するに、例えばトニックをCに設定するならば、

Cアイオニアン(メジャースケール)
Cドリアン
Cフリジアン
Cリディアン
Cミクソリディアン
Cエオリアン(マイナースケール)
Cロクリアン

と、ずーっとトニックに設定したC音を基準にスケールを弾きます。

 

前2回でやっていたことは、指板全体の把握の要素が強かったのですが、
この練習法では、同じトニックから始めることにより、
各種スケールの構成の違いが見やすくなります。

 

スケール練習には様々な種類がありますが、
それぞれの練習に特性と意味があり、多面的に理解するためには
いくつかの種類をこなす必要があります。

 

とまあ、言葉だけで説明されてもわかりにくいと思うので、
早速、実際のトレーニングの方にいきましょう。

 

まずは、前回までに覚えた7ポジションを確認します。

1、Cアイオニアン

vol23-1

2、Dドリアン

vol23-2

3、Eフリジアン

vol23-3

4、Fリディアン

vol23-4

5、Gミクソリディアン

vol23-5

6、Aエオリアン

vol23-6

7、Bロクリアン

vol23-7

と、以上が、チャーチモードの7ポジションでした。

 

今回のスケールトレーニングでは、前回まででは各ポジションごとにずらしていたトニックを、
全て同じ音に設定して弾き始める、と、そういうことです。

 

では実際の練習ですが、設定するトニックはなんでも良いんですが、
今回はわかりやすくC音にしましょう。

 

なので、Cアイオニアンのポジションはそのままですね。
ここは今までどおりCアイオニアンのポジションを弾いてください。

 

次のドリアンスケールのポジションから変わっていきます。

 

まずは、Dドリアンのポジション(形)をCドリアンのポジションまでずらしてみましょう。
(トニックをD→Cに変える)

※Dドリアン

vol23-2

↓↓

※Cドリアン

vol23-8

見ての通り、ポジションの形はまったくそのまま、
トニックをD→Cへと変えます。

vol23-9

と、ここまで解説すれば、これまで講座を受けてきたあなたなら、
残りのスケールもどう練習したら良いのかがわかると思います。

 

基本的にトレーニングとしては、7つのスケールポジション全てを、

Cアイオニアン

Cドリアン

Cフリジアン

Cリディアン

Cミクソリディアン

Cエオリアン

Cロクリアン

と、ぶっ続けで弾きとおして1セットとなります。

 

ですが、全てのポジションを暗記して、そらで弾けるようでないと、
通して弾くのは無理だと思うので、最初はそれぞれ1つずつでも構いません。

 

でも、最終的には7ポジションを通しで弾けるレベルを目指してくださいね。

 

そして、その次のステップとして、トニックをC音以外に設定して同じ練習をする、
という事にもチャレンジしてみて下さい。

 

これは要するに、色んなkeyに対応できるようになろう、というものなので、
Cトニックでの練習に慣れてきたらやってみましょう。

B♭でもF#でも、Gでもなんでも、トニックはどの音にしてもOKです。

 

この場合、どこをトニックにするかによって、
指板上でのポジションの位置が変わりますね。

 

そうすると、フレット間隔が広くなったり狭くなったり、
視覚的にネック上のポジションマークのとの位置関係が変わって、
パッとスケールの形が浮かばなくなったりします。

 

なので色々なトニックで試してみてください。

 

ポジションの形は同じなのに、指版上での位置が変わると、
覚えているはずのポジションが見えなくなったりしますので。

 

では最後に、Cトニックでの残りのポジション図を載せて、
今回は終わりたいと思います。

 

ありがとうございました。

大沼

 

Cフリジアン

vol23-10

Cリディアン

vol23-11

Cミクソリディアン

vol23-12

Cエオリアン

vol23-13

Cロクリアン

vol23-14

 

 

 

※Top image by Billy Frank Alexander →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response