Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.22『7つの海ならぬ、7つのスケールポジション』その2

※この講座(vol.22)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.22majorscale7poj2.pdf

 

【vol.22】7つの海ならぬ、7つのスケールポジション~その2~

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

7つのポジションその2、という事で、今回もやっていきましょう。

 

前回は4つのポジションを解説したので、
残りは3つですね。

 

このトレーニングに関しては何も言うことはありません。
頑張って覚えてください。笑

 

1日1回でも弾いていれば、思っているよりも
ずいぶん早く覚えられるものです。

 

継続は力なり、ですね。

 

気合入れていきましょう。

 

さて、前回はアイオニアン(=イオニアン、メジャースケール)、
ドリアン、フリジアン、リディアンの4ポジションでした。

 

今回は残りの、ミクソリディアン、エオリアン、
ロクリアンの3ポジションを覚えます。

 

例のごとく、名前とスケールの関係性は今は深く考えなくて良いので、
Cメジャースケール上の全7ポジションを覚える事がメイン、と思っていてください。

 

そのついでに、各ポジション(スケールの形)の名前も覚えている、と。

 

では、5つ目のポジションはこちらです。

vol22-1

ここは、CメジャースケールのG音からスタートするポジションになりますね。

 

15フレットの場所でも弾けますが、あまりにハイポジションすぎると少し弾きにくいので、
1オクターブ下げて、3フレットのG音からスタートしましょう。

vol22-2

この、ギター特有の「1オクターブ上げたり下げたりしてもポジションの形が変わらない」
という感覚を早めに身につけてくださいね。

 

練習法としては、何でも良いので、弾けるフレーズをオクターブで上げ下げして、
色々なポジション(指板上の位置)で弾いてみることをお勧めします。

 

どんなものでもOKです。バッキングでも、ソロでもなんでも。
気軽に実験してみてください。

 

さて、スケールの名前ですが、このCメジャースケールのG音から始めるポジションは、
ミクソリディアンスケールのポジション(音の並び)となります。

 

では次、6つ目にいきましょう。

vol22-3

ここもハイポジでもいけますが、練習しにくいのでオクターブ下げる、と。
練習譜例はこちらです。

vol22-4

このA音から始まるポジションは、エオリアンスケールのポジション(音の並び)になります。

 

さて、ここは、以前、Cメジャースケールのポジションをいくつか覚えた時に、
すでにやっていますね。

 

あの時はC音から始めて、C音で終わりましたが、
今回は、A音から始めてA音で終わります。

 

おそらく、C音基準の時は明るいスケールの様に感じる(聴こえる)はずで、
A音基準の時は暗いスケールの様に感じる(聴こえる)はずです。

 

これも、同じようなことをペンタの時にやりましたね。

 

CメジャーペンタとAマイナーペンタはポジションの場所はまったく同じものでした。

 

実はこの、A音から始まるポジションは、エオリアンスケールの他にも、
ナチュラルマイナースケールのポジションとも言える(呼べる)のです。

 

楽典的に、メインで扱うマイナースケールは3種類あるのですが、
なにが「ナチュラル」なのかは後々解説しますので、今は単純に、
これが基本となるマイナースケールなんだ、と思ってもらえればOKです。

 

と、言うことで、CメジャーペンタとAマイナーペンタが、
まったく同じポジションで対になっていたように、
このCメジャースケールと、Aナチュラルマイナースケールも対になっています。

 

この2つのスケールはまったく同じポジション(形)って事ですね。

 

その意味と理由については、マイナースケールの解説の時にお話しするので、
少々お待ちください。(※通常、「マイナースケール」と言う場合、
この「ナチュラルマイナースケール」の事を指します。)

 

では最後、7つ目にいきましょう。

vol22-5

ここもローポジションの方で弾きます。

vol22-6

ここの、CメジャースケールのB音から始まるポジションは、
ロクリアンスケールのポジション(音の並び)になります。

 

形としては、一つ目のアイオニアン(メジャー)スケールと同じですが、
スケールとしての意味が違ってきますので、別なものとして覚えましょう。
さて、これで7つ全てのポジションの紹介が終わりました。

 

あとは、日々の練習の中で、繰り返し弾いて覚えてください。

 

聞きなれないスケール名が7つも出てきたので、
初めの内は色々と混乱する部分もあるかと思います。

 

一応、7つのスケール名が覚えやすい(?)
語呂合わせみたいなものがあるので紹介しますね。

イオニアン(アイオニアン、メジャースケール)
ドリアン
フリジアン
リディアン
ミクソリディアン
エオリアン(ナチュラルマイナースケール)
ロクリアン

の頭文字をとって、

『井戸振り見えろ』(振り返って後方にある井戸を見るようなイメージ)

という、語呂合わせなのですが、僕が中高生くらいの頃に読んだ、
初心者向けの理論書に書いてあったものだと思います。

 

僕も昔、これで覚えたので、これが覚えやすいと感じる人は、
活用してください。

 

さて、話は変わりますが、例えばギター上級者が、
指板上で弾く音を間違えないのは、その曲の中で鳴らして良い音がわかっているのは、
このようなスケールポジションを全て覚えているからです。

 

誰しも、弾いているうちに何となくわかってきたわけではなく、
単純に、地道に1つずつ覚えていった成果です。

 

おそらくあなたも、今まで覚えてきたペンタやらなんやらで、
その実感があることでしょう。

 

それを積み重ねていくことによって、ギターを自由に弾きこなせる、
というレベルに到達できます。

 

最初の方にも書きましたが、こういったものは、
もう、気合で覚えてもらうしかありません。笑

 

慣れるまでが大変ですが、その後は、何をするにも楽になってくるので、
頑張っていきましょう。

 

では、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

 

大沼

 

※Top image by Billy Frank Alexander →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response