Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.21『7つの海ならぬ、7つのスケールポジション』その1

※この講座(vol.21)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.21majorscale7poj.pdf

 

 

【vol.21】7つの海ならぬ、7つのスケールポジション~その1~

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

さて、これまでの講座で、メジャースケールの基本的な部分と、
クイーンの曲を題材に、実用例を少し学びましたね。

 

新しい音楽用語として、『インターバル』が出てきたり、
メジャースケールのポジションもいくつか練習しました。

 

一通り、暗記と実践を行ったと言う事で、今回から、また先に進みましょう。

 

以前の講座で、「メジャースケールは7音のスケールなので、
7つ、スケールをスタートするポイントができる」と言う様な事を
チラッとお話ししました。

 

要するに、指板全体で、7箇所(種類)のスケールポジションが出来上がるわけですね。

 

具体的には、「ドレミファソラシ」の、ドからスタートするポジション、
レからスタートするポジション、ミから、ファから、ソから・・・と、こう言った感じです。

 

それで、合計7ポジション。

 

今回からは、その7ポジションを全て覚えていきます。

 

正直、量があるので、これらを全て覚えるのには
ある程度の時間が必要でしょう。

 

僕自身も、学生の頃、暗記に一週間はかけました。

 

実際の所、毎日この7ポジションのトレーニングをしていれば、
暗記自体は一週間もかかりません。

 

ですが、左手がポジションに慣れるまで、ほぼ間違わずに
各ポジションを弾けるようになるまでに、1週間くらい。

 

で、さらに手に馴染ませるのに、1ヶ月くらいを目安に練習を続け、
そしてその後は、現在に至るまでずっと毎日、
何かしらのスケールトレーニングをしています。

 

それ位、『スケールトレーニング』というのはギター練習の基本なのです。

 

もしかしたら、あなたの今までのギター暦の中で、
ここまで大量の暗記をするのは、初めての体験になるかもしれません。

 

僕も、「今回の内容をいつ頃出すのか?」については結構悩みました。

 

これまでの講座でも、スケールポジションはそれなりの量をやってきましたが、
今回は、『それらを含みつつ、指板上全てを把握する』基本となる内容です。

 

いきなり最初の方にやってもいいんですが、「指板上全てを把握する」のですから、
そんなにお手軽にできるわけがありませんよね。

 

なので、小出しにして「先にやっておいたら後々楽かなー」と思う様な内容を、
これまでやってきました。

 

今回覚える7ポジションは、一度覚えてしまえば、今後どんなことを学ぶにしても
役に立つ内容なのですが、スケールの暗記(と言うか構造)に慣れていない内は、
覚えるのに少し時間が掛かるかもしれません。

 

ですが、キチンと把握できた際には、今までとは比べ物にならないくらいの、
ギターの指板全体に対する理解の深さと、自由さを感じることができるでしょう。

 

ここは本当に頑張って覚えてもらいたいと思っています。

 

それでは、やっていきましょうか。

 

まずはざっと、指板上で覚えるポジションの全体図を見てみましょう。

vol21-1

この図に配置されている音はCメジャースケールの構成音なわけですが、
まずは6弦上の音を基準にして、これを7箇所に区切ります。

 

で、C(ド)からスタートするポジション、D(レ)からスタートするポジション、
Eから、Fから~、とそれぞれやって行くわけですね。

 

量が多いので、今回は7つの内、4つのポジションを学びます。

 

と言っても、C音からスタートするポジションは以前やっているので、
実質3ポジションですが。

 

それで残りは次回ですね。

 

後、もう1つの要素として、どこかで聞いたことがあるかも知れませんが、
「ドリアンスケール」やら、「ミクソリディアンスケール」やら、
各スケールポジションにワケのわからない名前が付いていたりします。

 

このよくわからないスケールの名前は、『チャーチモード』と言って、
昔、教会音楽で使われていた旋法(≒スケールの事だと今は思っていて下さい)が、
今でもほぼそのまま使われているので、その頃の名前で呼んでいるだけです。

 

とりあえず、名前の意味や各スケールの構造は置いといて、
ポジションと名前を一致させる事だけは、今の内にやっておきましょう。

 

その方が、後々楽になりますので。

 

ではまず、1つ目のポジションはここです。

vol21-2

以前やったポジションなので、特に解説はいらないでしょう。

 

6弦8フレットのC音を基準に、スケールを弾いて覚えます。

 

チャーチモード的な呼び方としては、『アイオニアンスケール(Ionian scale) 』もしくは、
『イオニアンスケール』と呼びます。

 

どちらでも良いので、名前は覚えて置いてくださいね。

 

構造としては、『メジャースケール』=『アイオニアン(イオニアン)スケール』なので、
どちらの名前で呼んでも、同じ音構成のスケールを指しています。

 

ちなみにアイオニアンもそうですが、この後に出てくる全てのスケールの名前は、正確には、
「ポジションの形」に付いているのでは無く、「スケールを始めている1音目からの
音の並び方(構造)」に対して付いています。

 

これは、細かいことは後々解説していきますが、『どの音を主音(トニック、tonic)に設定して、
そこからどういう間隔(インターバル、interval)で音が並んでいるのか?』によって、
スケールの響き方が変わる為、その分類としての名前です。

 

今、学んでいる7つのポジションは、Cメジャースケールを基本に考えているため、
出てくる音はCDEFGABの7音のみですが、各ポジション(と言うかスケール)ごとに、
響きが全然違います。

 

見た目的には、始める音を変えているだけの様に見えますが、実態としては、
7種類の全く違うスケールを覚えていることになります。

 

それぞれの音を良ーく聴きながら、ゆっくりと弾いてみれば、各ポジション(スケール)の
響きの違いが分かるかもしれません。(※この後に出てくる練習譜例とは少し違ってきますが、
「tonicに始まりtonicに終わる」という弾き方で弾いてみましょう。)

 

とは言え、耳が慣れていない内は、違いが分からないのが普通ですので、
とりあえず現段階では、ポジションとスケール名を一致させておけばOKです。

 

では次の、D(レ)から始まるポジションに行きましょうか。

vol21-10

6弦10フレット、D音を基準にしてスケールを弾いてください。

vol21-3

ここはチャーチモード的な呼び方としては、『ドリアンスケール』を弾いていることになります。

 

この「ドリアンスケール」がどういったものなのか?と言う事については、
今解説すると頭がこんがらがってくると思うので、後々やります。

 

とりあえず現段階では、

『Cメジャースケールの構成音を使って、指板上の全7ポジションを把握しようとしている。
そのついでに、チャーチモードの7つのスケールの名前も覚えている』

と思っていてください。

 

で、このポジションの事をまとめると、
ここのポジションは、CメジャースケールのD音から始めたポジションであり、
かつ、「ドリアンスケール」のポジション(音の並び)でもある、と。

 

まずはこれで十分ですので。

 

と言う事で、次にいきましょう。

 

3つ目のポジションです。

vol21-4

ここは6弦12フレット、E音を基準にしてスケールを弾きます。

vol21-5

このポジションは、1オクターブ下でもまったく同じスケールが弾けますね。

vol21-6

慣れてきたら、両方弾けるようにしておきましょう。

 

ここのポジションは、CメジャースケールのE音から始めたポジションであり、
チャーチモード的には、「フリジアンスケール」のポジション(音の並び)でもある

と、そう把握しておいて下さい。

 

では、今回最後、4つ目ですね。

vol21-7

場所としては、先ほどのものと同じですが、基準とする音を、6弦13フレットF音に持ってきます。

vol21-8

 

ここは、CメジャースケールのF音から始めたポジションであり、
チャーチモード的には、「リディアンスケール」のポジション(音の並び)でもある

と、こうなります。

 

ここも、フリジアンのポジションと同じように、1オクターブ下でも弾くことができますね。

vol21-9

さて、今回は以上になりますが、新しい用語(スケールの名前)が沢山出てきました。

 

それぞれのスケールには、ちゃんと特徴があるのですが、
まだ、それを解説する前にやらなければならないことがあるので、
今は、名前(と対応するポジション)だけ、心に留めておいてください。

 

現状、「Cメジャースケールを指板全体で覚えている+α」と言ったレベルの把握でも十分です。

 

スケールの練習譜例は、ただ真っ直ぐ上がって下がるだけのものを載せましたが、
以前やった、4音刻み、3音刻みで進んで行く練習もしてみて下さい。

 

その他にも、

・今まで学んできたものと、どう関連付けができるのか?

・今、自分の知っていることと、一致するのものはないか?

などと、思考しながら練習していきましょう。

 

スケールトレーニングには、日常的に行うことによって、左手にスケール感覚が身についたり、
イヤートレーニングとしての音感強化の側面など、様々な効果があります。

 

これらは、テクニックの上達についてはもちろんですが、
なにより、「耳コピ」ができるようになる為の、基礎の力になります。

 

『耳で聴いてわかる』というのは、音楽をやる上で、最も重要で、
かつ、最強のスキルなので、その状態を目指して頑張っていきましょう。

 

では、次回に続きます。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

 

※Top image by Billy Frank Alexander →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response