Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.19『Queenの名曲に学ぶ、メジャースケール活用法』

※この講座(vol.19)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.19majorscaletra.pdf

 

【Vol.19】Queenの名曲に学ぶ、メジャースケール活用法

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

こんにちは、大沼です。

 

前回までで、メジャースケールの構成と、
重要なポジションを3つほど覚えましたね。

 

各ポジション、1日1回ずつでも良いので、
毎日弾いてくださいね。

 

例えば1週間の内、特定の日にまとめて練習するよりも、
少しでも良いので、毎日弾いていたほうが早く覚えられますので。

 

さて、ペンタは5音構成なので、スケールポジションをスタート出来る音が5つあり、
結果、全部で5ポジションしかありませんでした。

 

しかし、メジャースケールは、7音で構成されているダイアトニックスケールなので、
スケールポジションをスタートさせる音が7つあることになります。

 

なので覚えるポジションは7つです。

 

さらに、1つのスタートする音から、
色々なフィンガリングでスケールを弾けるので、
結構な量の練習パターンがあります。

 

ここまでの話だけを聞くと、ものすごく大変そうですが笑、
このメジャースケールの7ポジションを覚えると、今後やっていく、
他のスケールのポジションもほぼ同時に覚えていることになるので、
最終的には、各スケールを効率よく学べる様になりますので。

 

スケールそのものに慣れるまで、最初はちょっと大変かもしれませんが、
踏ん張って学んでください。

 

世間一般の、アマチュアギタリストのレベルを超えられるかどうか、
ここらへんが最初のポイントです。

 

これまでこの講座で、ペンタやら、トライアドやら、
結構な種類のトレーニングをこなしてきたあなたなら、
必ず乗り越えられますので。

 

と、言う事で今回は、メジャースケールの新しいポジションを1つと、
『Queen(クイーン)』の楽曲、”Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)”の
ギターソロを参考に、メジャースケールの活用例を学んで行きたいと思います。

 

ではまず、今回学ぶ、新しいメジャースケールのポジションはこちらになります。
引き続き、トニックは「C」で、Cメジャースケールで最初に覚えましょう。

vol19-3

このポジションは5弦3フレットのC音の場所をトニックに見立てたポジションになりますね。

 

基本となる練習譜例は以下です。

vol19-4

このポジションは、ギターを弾き始めて最初に、
「ギターでドレミファソラシドはここだよ」と教えられる事も多い場所ですね。

 

ですが今回は、ちゃんと「これはCメジャースケールである」という意識で弾いてください。

 

指使いは、1フレット人差し指、2フレット中指、3フレット薬指です。

 

トレーニングとしては、上の譜例の通りに普通に弾くものと、
前回やったような、4音刻み、3音刻みのパターンでも弾いてみてください。

 

次に、まったく同じ形のポジションを、1オクターブ上の場所で覚えます。

vol19-5

練習譜例は以下です。

vol19-6

こちらは、トニックを5弦15フレットのC音の場所に見ています。

 

このポジションを弾く時は、最初に紹介したポジションとは違い、
開放弦がありません。

 

なので、指使いは、12フレット人差し指、13フレット中指、14フレット薬指、15フレット小指
となります。

 

以上の2つのポジションが、オクターブ違うだけで、まったく同じものである、
ということを理解しておきましょう。

 

 

では、今回の本題である、実戦譜例の方にいきましょうか。

 

参考にする楽曲は、

『Queen(クイーン)』の”Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)”

です。

 

言わずと知れた、音楽史に残るであろう名曲ですね。

 

ギタリストは、ブライアン・メイ。

 

クイーンのギターアレンジでは、多重録音によるオーケストレーションなどが有名ですが、
彼のプレイからは、ギターソロ全体の展開の仕方や、
フレージングにかなりの音楽的知性を感じます。

 

後、彼のチョーキングやビブラートには、独特のエモーショナルなニュアンスがあるので、
そういったソロが弾けるようになりたいならば、細かくコピーしてみると
良い練習になると思います。

 

今回のギターソロでは、今まで覚えたメジャースケールのポジションが
使われているので、その実例として弾いてみましょう。

 

ではまず、最初に確認しておく事として、これまではCメジャースケールで練習してきましたが、
この曲のギターソロ部はkey=E♭で弾かれているので、使うスケールはE♭メジャースケールになります。

 

さて、こう言われて、メジャースケールのポジションをどう見たらいいのかがわかるならば、
これまでの話を理解しているといえるでしょう。

 

ポジションは、前回と今回学んだものを使います。

具体的にはここですね。

vol19-7

※譜面作成ソフトの都合で、E♭keyでの♭表示が出来ないので、D#をE♭として見てください。(なのでE♭メジャースケールの場合、本来はG#はA♭、A#はB♭として見ます)

 

青枠内のポジションが、前回学んだ6弦トニック(ルート)のポジション。

赤枠内が今回学んだ5弦トニック(ルート)のポジションですね。

 

主に、この2つのポジションを使って弾かれているギターソロになります。

 

youtubeモデル楽曲リンク
http://youtu.be/fJ9rUzIMcZQ

※万が一、リンク先の動画が削除されている場合は、
音源を購入するか、曲名等で検索してください。

 

譜例、『Queen』 “Bohemian Rhapsody ” 2:40~ 風フレーズ

vol19-1

vol19-2

※原曲ではベースラインのクロマチックアプローチがありますが、譜例では、
重要なコードのみの表記にしてあります。

 

弾いてみたらわかると思いますが、今まで学んだポジションがちゃんと使われていますね?

 

それなりに細かい音符が並ぶところもありますが、楽曲のテンポが遅めなので、
焦らずにじっくりと取り組んで下さい。

※最後の小節(D♭コード以降)では、E♭メジャースケールからは外れた音が出てきますが、
これは転調しているコード進行に合わせたものです

 

さて、大本の原曲のソロとしては、「全8小節(+前後1小節ずつ)」のソロになりますね。

 

上のサンプルも、ある程度は似せて作っていますが、その8小節間の展開を分析すると、

・まずはゆったりとしたメロディックなフレーズで導入

・次に、4小節目のソロ全体の切り替えしの部分に向かって、
徐々にテンションを上げていくようにフレーズを激しくして、盛り上げたところで前半が終わり。

・後半の最初、5小節目では、4小節目からの勢いを受け継いで、音数多め、音域高めで弾いて、
6小節目で2小節目のフレーズをモチーフとしたものが出てくる。

・そして7、8小節目では、次の楽曲パートへの流れとして徐々に盛り下げていって、
ボーカルにパス

といった感じでしょうか。

 

こう見ると、しっかりと考えられたソロであることが伺えますね。

 

こういった分析をすることによって、自分がソロを作る時や、アドリブをする時に、
ストーリー性のあるプレイが出来るようになっていきます。

 

過去の講座でやったソロなども、フレーズを追うだけではなく、

『弾いている人が何を考えているのか?』

その辺りを意識しながら、もう一度弾いてみると新しい発見があるでしょう。

 

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

大沼

 

 

 

※Top image by ‘Billy Frank Alexander’ →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response