Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.16『大人な感じ』

※この講座(vol.16)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.16toto.penta.pdf

 

【Vol.16】大人な感じ

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

どうも、大沼です。

 

前回に引き続き、今回もペンタのフレーズをやっていきましょう。

 

vol.15の方にも、ちらっと書きましたが、今回はAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)とされる
ジャンルの楽曲を事例に、ペンタの活用法を勉強します。

 

『AOR』というジャンルにについては、その名の通り、

”大人っぽい(雰囲気の)ロック”

みたいな感じだと思ってもらえればOKです。

 

このテキストを作るに当たって、wikiで『AOR』という単語を調べてみましたが、
この言葉の意味合いは他にも色々とあるようです。

 

まあ、基本的には、若者の音楽の筆頭だったロックを、音楽的に洗練させていったら、
なんか”落ち着いた雰囲気の大人っぽいロックの様なもの”が出来た、
という感じではないでしょうか。

 

この辺りは、音楽ジャンルの進化、進歩、変容だと思うので、
色々な人が、色々な事を考え、色々な事をやっていったら、
どんどん新しいモノが生まれてくるわけですね。

 

さて、今回例として取り上げるのは、AORといったら大体名前が挙がるバンド、
『TOTO(トト)』の”Pamela(パメラ)”という曲です。

 

”パメラ”は女性の名前で、歌っている歌詞の内容は、まあ、ラブソングですね。

 

AORというジャンルは、味がわかると中々にハマるので、
これをきっかけに、色々聴いてみて欲しいと思います。

 

夜中にじっくりと、コーヒーでも飲みながら一人で聴いていたりすると、
大人な世界に目覚めるかもしれません。笑

 

それでは、『TOTO』の”Pamela”、早速やっていきましょう。

Youtubeモデル原曲リンク
http://youtu.be/BnCF93vjE3w
※ライブ映像
http://youtu.be/rDEnN-zMcRg
(※liveの方もカッコいいので聴いてみてください。フレーズはアドリブが入っているので、
多少違う所が結構ありますが、こちらの方がギターが聴きやすいかもしれません)

※万が一、リンク先の動画が削除されている場合は、
音源を購入するか、曲名等で検索してください。

 

まずは出だし(0:16~)に、ヴォリューム奏法を使ったギターのメロディ弾きがありますね。
シンプルなフレーズですし、せっかくなので耳コピしてみましょう。

 

その場所のコード進行はG⇒Cです。

 

まだこの講座では解説していませんが、keyに関して言えば、
この曲の出だしは『key=C』なので、
Cメジャーペンタのこのポジションを使っています。

vol16-3

もっと正確に言えば、Cメジャースケールの、このポジションで、

vol16-4

この辺りを使って弾いていますね。

vol16-5

メジャースケールについては今後詳しくやっていくので、
とりあえず今の段階では、上の指板図を見ながら両者を弾き比べてみて

・「Cメジャーペンタトニックスケール」と「Cメジャースケール」はどこが違うのか?

その辺りを確認しておいて下さい。

 

後でメジャースケールをやるときの予習になりますので。

 

奏法としては、手元(ギター側)のヴォリュームか、もしくはヴォリュームペダルを使って、
チョーキングをしながら、2弦8フレットをピッキングしてすぐに、
『フワッ』とヴォリュームを上げて入ります。

 

速弾きなどで沢山の音を弾く場合でも、このフレーズのように少ない音で
メロディーを弾く場合でも、結局、大事なことは、
『良い音楽なのかどうか?(良いメロディーなのかどうか?)』という事ですね。

 

シンプルなフレーズ(メロディー)ですが、実際に音楽としては、
これくらいでも十分だ、という良い例です。

 

 

次に、前回のテキストでやったような、ブリッジミュートを使った
ペンタのフレーズを弾いてみましょう。

 

ここからは、key=Cだったのが、key=Amに変わるので、
Aマイナーペンタを使います。

 

と、言っても、AマイナーペンタとCメジャーペンタは同じポジション(形)でしたね。
なので、さっきのCメジャーペンタと同じポジションで弾きます。

 

譜例『TOTO』 ”Pamela” 0:26~ 風フレーズ

vol16-1

 

で、このフレーズを弾く前に、1つ確認しておかなくてはいけないものがあります。

 

それは何かと言うと、小節の頭にある、この記号。

vol16-2

よく見てみると、16分音符と3連符の付いた音符を=(イコール)で繋いでいますね。

 

これはシャッフルのリズムで演奏しろ、という記号です。

 

シャッフルとは、例えばブルースを聴いてもらえればわかると思うのですが、
『タッカ、タッカ、タッカ、タッカ』とハネるリズムのコトですね。

 

この曲は、16分音符のシャッフルなので、通常『タカタカ、タカタカ、』という16分のリズムを、
『タッカタッカ、タッカタッカ、』とハネて弾いてね、って事です。

 

まあ、文章で説明されるよりも、曲を聴いた方がわかりやすいと思いますので、
その辺りは、原曲を良く聴いて感じをつかんでください。

 

フレーズとしては簡単そうに見えますが、この微妙な速さのテンポで、
キッチリ16分のリズムにはめるのは、中々の技量が要ります。

 

この様なシンプルなプレイほど、メトロノームと一対一で録音してみると、
アラが見えすぎて、自分のレベルがよくわかります。

 

・自分の出している、音の粒やニュアンスがキチンと揃っているか?

・1音1音のボリュームはイメージどおりにコントロール出来ているのか?

そういったところをチェックしながら、練習してみましょう。

 

さて、この『TOTO』というバンドは、楽器隊の編成が、
ギター、ベース、ドラム、キーボードですね。

 

前回も少し解説しましたが、楽器の音が沢山入っている時や、曲のフィール(感じ)によっては、
ギターの音数をあまり入れないほうが、良い場合があります。

 

今回の曲は、楽器隊の編成としてはそれなりにパートがありますが、
そこまで沢山の音が同時に鳴っているわけではありません。

 

そして、曲のリズムフィールが軽快です。

 

軽快なリズムの時に考えられる、ギターのプレイはカッティングですが、
そういう感じでもないですよね?
(※試しにAm7とかでカッティングをしてみると、
あんまり曲にハマらないことがわかると思います)

 

コードをジャーンと鳴らしている部分もありますが、
それはバンド全体でのリズムのキメの部分ですよね。

 

楽曲としては、大半のパートで、比較的、静かめにしてある曲です。

 

こういう時にギターとしては、ブリッジミュートを軽くかけたペンタ(と言うか単音)のリフは、
良く使いますのでこの様なプレイも覚えておきましょう。

 

もう1つ、練習の提案として、今回の譜例の進行の中では、
Amペンタ内の音であれば、どこの音を鳴らしても大体曲(コード)に合います。

 

16分シャッフルのリズムに合わせて、譜例と同じようなブリッジミュートの単音プレイで、
自由にフレーズを作って弾いてみてください。

 

きっと楽しいと思います。笑

 

では、今回は以上です。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

※Top image by ‘Billy Frank Alexander’ →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response