Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.10『3つの音の順番を入れ替えてみる』

※この講座(vol.10)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.10tri2.pdf

 

【vol.10】3つの音の順番を入れ替えてみる

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

どうも、大沼です。

 

今回は、前回学んだトライアドの、『構成音の順番を入れ替える』と言うことを
やって行きたいと思います。

 

これまでの譜例では、C(ド)音をルートにしてトライアドを見ているので、

root、M3rd、P5thから成るメジャートライアドなら、C、E、G(ド、ミ、ソ)

root、m3rd、P5thから成るマイナートライアドなら、C、E♭、G(ド、ミ♭、ソ)

という順番に、構成音が積み重なっていますね。

 

実際、前回譜例に載せたコードフォームは、
全て一番低い音がrootのC(ド)音になっていたはずです。

 

それを踏まえた上で、今回覚えるコードフォームは、
「3rdの音を一番下に配置したもの」です。

 

そしてそのままrootを一番上に持ってきて、

メジャートライアドならばミ、ソ、ド、(M3rd、P5th、root)の順番。

マイナートライアドならば、ミ♭、ソ、ド(m3rd、P5th、root)の順番で音が並びます。

 

もしかしたら、ここまでの解説で気付いたかも知れませんが、
この理屈でいくと、トライアドのフォームはもう1種類作れますね。

 

そうです。

『5th、root、3rdの順番で並ぶフォーム』です。

 

この様に、トライアドのフォーム(コード・ヴォイシング)には、3つの種類があります。

 

ちょっと覚えることが多くて大変かも知れませんが、指板上のフォームを紹介し終わったら
実例となるフレーズで学んでいきますので、日々の練習に取り入れるなどして
少しずつ覚えていってください。

 

今はトライアドを覚えるのに集中したいので、ペンタトニックの実例を出していませんが、
フォームをすべて紹介したら、ペンタなどのプレイもまたやっていきます。

 

新しいことを“覚えてね”とだけ言われて、とりあえず暗記だけしても中々身につかないんですが、実例をやっていく内に、使い方がわかって自然と身についていきます。

 

今はその前の準備段階ですね。

 

世の中のギターフレーズの意味を、きちんと理解出来る様になる為に頑張っていきましょう。

 

では今回の、3rd、5th、rootの順番で、低い音から並んでいる
トライアドのフォームに入っていきましょう。

 

前回行った練習は、root、3rd、5thの順番で音が並んでいました。

※前回の譜例(Cメジャートライアド、全て下からド⇒ミ⇒ソの順)

vol10-1

今回はその順番を入れ替えて、3rd、5th、rootの順番でのトライアドです。

 

この、構成音の順番(音の積み重ね方)を入れ替えたものには名前があり、
前回のroot、3rd、5thの順のトライアドを“基本形”として、
今回の3rd、5th、rootの順のトライアドを“第一転回形”と呼びます。

 

“第一展開形”とか言われると、なんだかややこしく感じるかもしれませんが、
単純に、基本形を転回させたもの(の1つ目)と言う事です。

 

root、M3rd、P5thがドミソだったら、それを、M3rd、P5th、rootの
ミソドの並びに転回させたと言う、それだけのお話です。

 

この時、M3rdであるミが一番低い音になりますが、
あくまで、元のコードの、本来のroot音はC(ド)音のままです。

 

C(ド)音がrootの、Cメジャートライアドの基本形を転回させて、
ミソドの並びの、Cメジャートライアドの第一転回形に変えた、
と言う事を理解してくださいね。

 

ミ(3rd)がrootのコードに、コードそのものを変えたワケではないのです。

 

この辺り、ちょっと解説が難しいのですが、基本的な考え方としては、例えば、

「バンドアンサンブルの中でギターが普通にCコードを弾いている所に、
ベースがCコードの構成音の中の、M3rdであるE音を弾いている」

と言うような、そんな状態です。

 

さて、前置きが長くなりましたが、実際のコードフォームを見てみましょうか。

 

今回も引き続き、rootがC(ド)音の、Cのトライアド(メジャー、マイナー)でやっていきます。

譜例1、Cメジャートライアド第一転回形(M3rd、P5th、root)

vol10-2

前回と同じく、指板上でC(メジャー)のコードフォームと照らし合わせてみます。

図1、Cメジャートライアド第一転回形(M3rd、P5th、root)

vol10-3

さらに以前やった、こちらの譜例とも照らし合わせてみましょう。

 

ちゃんと、それぞれのroot、M3rd、P5thを含み、第一転回形として、
M3rd、P5th、rootの順番で、メジャートライアドのコードが構成されています。

※譜例、root、M3rd、P5thの把握

vol10-4

 

同じように、Cマイナートライアドの第一転回形も練習します。

譜例2、Cマイナートライアド第一転回形(m3rd、P5th、root)

vol10-5

図2、Cマイナートライアド第一転回形(m3rd、P5th、root)

vol10-6

これらのメジャー、マイナー両トライアドを練習する時の重要なポイントは、

・コードの音(響き)をよく聴くこと(M3rdかm3rdかで、大きく「明るい⇔暗い」が変わる事)
・自分が押さえている指の、どれが何の音かを理解していること(root、3rd、5thのどれなのか)

この2つです。

 

耳と頭(と視覚)の両方で理解する、と言った感じですね。

 

後は、これらのトライアドのフォーム(コード・ヴォイシング)が、
今まで弾いてきた曲で使われていないか?自分の知っているコードに入っていないか?
そういった事とも照らし合わせていくと、スムーズに覚えられるかと思います。

 

それでは、今回は以上になります。

 

次回やることの話を先に少ししてしまうと、

・メジャー、マイナー両トライアドの第二転回形(5th、root、3rd)のコードフォーム

・これまで覚えたトライアドの形3種(基本形、第一転回形、第二転回形)を
繋げるエクササイズ

と、この辺りになります。

 

ここまでの話を理解していれば、第二転回形がどういうフォームになるのかは、
きっと予想できる筈です。

 

もし余裕があったら予習しておいてくださいね。

 

後、他にもエクササイズとして、トニックを変えて、
C音ルート以外のトライアドも弾いてみましょう。

 

その後は、実際のギターフレーズでトライアド(とペンタ)の
具体的な使い方を学んでいきます。

 

ありがとうございました。

 

大沼

 

※Top image by ‘Billy Frank Alexander’ →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response