Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.08『5番目の音と、トニックとルートの意味の違い』

※この講座(vol.8)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.8p5th.pdf

 

vol.8  5番目の音と、トニックとルートの意味の違い

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

どうも、大沼です。

 

vol.7、7.5と、二回に渡って『3rd』について学んできましたね。

 

『3rd』には、『M3rd(メジャーサード)』と
『m3rd(マイナーサード)』の二種類がある、と言う事でした。

 

新しいことをやったので、ちょっと間を置きましたが、
どうでしょう?2つの3rdの位置、覚えられましたか?

 

ルート(もしくはトニック)に対して、指板上で、
どこにどの音があるのかを把握していることは超重要です。

 

これがわかっていないと、コード構成の仕組みも理解できないし、
音楽的にしっかりしたフレーズが弾けません(作れません)。

 

世界で名ギタリストと呼ばれている人達は、まず間違いなく全員が、
今やっているようなことの、(最低でも)基礎的な部分は把握しています。

 

いつかツイッターで、僕はこんなことをつぶやきました。

 

”プロのミュージシャンやアーティストがインタビューとかで時々言う、
『私は○○が出来ない(譜面が読めないとか)』は、信用してはいけない。
それは、『自分の納得する水準に達してない』と本人は思っているだけで、
普通の人の10倍はできると思ったほうが良い。”

 

これ、結構リツイートされたんですが、『わかります』と反応をくれたのは、
やっぱりプロの人(もしくはプロに近い人)が多かったです。

 

やっぱり皆さん、実感があるんでしょう。

 

名ギタリストの人達は,

「単に人よりギターが上手いだけのギターバカ」

では無いんですよね。

 

ちゃんと音楽家として、一般の人より、遥かに高い水準にいます。
(稀に例外もいるかもしれませんが)

 

ちゃんと学び続けて、いつか自分自身がそういった領域に近づいた時、
そのことを実感します。

 

今はまだ、半信半疑かもしれませんが、そうなってから、
音楽の本当に面白いところが分かってきます。

 

なぜなら、上のレベルの人たちが何を考えているのかが、
自分にもだんだん理解できるようになってくるから。

 

例えばプロや、アマチュアでも上手い人達のライブで、アドリブとか、
まあ、やっていることは何でも良いんですが、
誰かがカッコいいプレイをすると、演奏者同士で顔を見合わせて「ニヤリ」
みたいなシーンに遭遇することがあります。

 

これは、高レベルのプレイヤー同士で、『そのプレイcoolじゃん!』
と言う感覚を共有できているから起こるんです。

 

でも、自分自身のプレイヤーとしてのレベルや、音楽的感性が低い場合、
何がcoolなのかがわかりませんよね。(気が付かないとも言える)

 

この講座は、音楽家に必要なものを身につけていき、
それが分かるようになるための講座です。

 

しっかり学び続けていって、あなたがそういったレベルに足を踏み入れた時、
今まで死ぬほど聴いたと思っていた曲でも、まったくの別物に聴こえてくる時がきます。

 

そうなったら、リスニング(音楽を聴くこと)自体が
ものすごい快感になってくるのです。

 

アレも素晴らしい、コレも素晴らしい、と。

 

この快感を、文章で表現できないところが、とても歯がゆいのですが、
やっていったらわかります。

 

あなたが学んだことが、どこかで使われていないか、積極的に探してください。

 

前にも言いましたが、受身でいる限り、成長はありません。

好きな曲、弾きたいと思った曲、どんどん弾いてくださいね。

 

別に最初は上手く弾けなくても良いんです。

 

というか、初めて弾く曲を一発で上手く弾けるならば、
その人はプロレベルじゃないですか。

 

今は出来なくても、繰り返し練習していれば、
気が付いたら出来るようになってますから。

 

 

それでは、前置きが長くなりましたが、Vol.8やっていきましょうか。

 

繰り返しになりますが、vol.7とvol.7.5では、2つの3rdの位置を覚えましたね。

 

今回は、vol7.5で行ったトレーニングフレーズを使って、
もう1つ、音の名前と位置を把握します。

 

把握すべき音は、P5th(パーフェクトフィフス)と呼ばれる音。

 

なぜ、P5thと呼ぶのかについては今後やっていくので、
今は深く考えなくてもOKです。

 

ルート(トニック)の位置から見て、
『ここにP5thがあるんだ』ということを把握してください。

 

譜例自体は前回とまったく同じなので、
弾くのには苦労しないでしょう。

 

まずはM3rdの時の指板図を見てみましょうか。

緑の四角で囲った場所がP5thにあたる音です。

今回はC(ド)音を基準に見ているので、P5thはG(ソ)音になります。

vol8-1

前回は3rdの把握の為に譜例を練習しましたが、
今回はP5thを把握することを意識して練習します。

 

さて、前回、「トニック(1th)と3rdの間には、ちゃんと2ndがある」と言うようなことをお話しましたが、
当然、3rdと5thの間には4thがあります。

 

これも細かい理屈は後々解説しますので、なんとなく把握しておいてください。

 

では、前回と同じものですが、譜例は以下です。

vol8-2

 

次に、これと同じ事をm3rdの譜例でも行います。

vol8-3

メジャー、マイナーで、場所が半音変わる3rdと違って、
P5thはトニック(ルート)から見て、いつも同じ場所にあります。

 

「じゃあ練習しなくてもいいんじゃん」と思うかも知れませんが、
P5thの場所は同じでも、3rdがメジャーの時とマイナーの時では
左手のフィンガリングが違うので、きちんと練習を行いましょう。

 

こちらもP5thの位置を把握する、と言う意識で練習します。

vol8-4

M3rd、m3rdのどちらの練習でも、譜例に出てくるP5thの音と
オクターブ上下の関係にあるP5thの位置も覚えておきましょう。

 

譜例では、トニックの右斜め下(高音弦側)のP5thのみを弾いていますが、
オクターブ低いP5thとして、トニックの真上(低音弦側)にもあります。(2~3弦間は左斜め上)
指板図を見てそこも確認しておいてください。

 

 

さて、以前の回でも簡単に解説しましたが、これまで何気なく使ってきた、
『ルート』と『トニック』の意味を再確認しておきましょう。

 

まず『ルート』ですが、これは、
コードについて考えている時の”基準(根音)となる音”の事を指します。

 

「ルート(root)」=根、根本、根っこ

と意味するように、
コードを構成する時、基本的に(事実上)一番低い、そのコードの土台とする音の事を
『ルート』または『ルート音(根音)』と呼びます。

 

そのルート音の上に、だんだんと音が乗っかっていくワケです。

vol8-5

なので、Cのコードならルート音はC、
B♭のコードならルート音はB♭
Amのコードならルート音はA
F#mのコードならルート音はF#

と、こういうことですね。

 

次に『トニック』について。

 

こちらはスケール(やkey)の観点から見たとき、
そのスケールの基準となる(基準に設定する)、第1音目の音のコトです。

 

『トニック』の訳は『主音(しゅおん)』でしたね。
要するに、そのスケールの『主』となる音の事を、
『トニック』と呼ぶのです。
※keyについて考える時の『トニック』についてはまた後ほど。

 

Cメジャーペンタトニックスケールだったら、
C音が主音なので、トニックはC音。

Aマイナースケールならば、
A音が主音なので、トニックはA音。

と単純にこういうことです。

 

で、今回の譜例の解説では、”トニック(ルート)の位置から見て~”
と、ややこしい解説の仕方をしていますが、コレにはワケがあります。

 

前回、今回と、3rdと5thの音の把握を行いました。
これを考える時、例に出した指板図の上で、

 

黄色の枠で囲った、Cコード的な観点から見るならば、C音は『ルート音』。

C音を主音(トニック)とした、C音スタートのスケール的な観点から見るならば、
C音は『トニック』。
※指板図に出ている音、”CDEFGAB”は「Cメジャースケール」の構成音。
これも今後詳しくやっていきます。

vol8-1

なので、”トニック(ルート)の位置から見て~”などと言った、
コードとスケールの、どちらの観点からも見ることの出来る説明の仕方をしています。

 

これは、練習をするときはどちらで考えても良いです。

 

ただ、『ルート』と『トニック』の、
意味と使い分け方は覚えておいてくださいね。

 

それでは、今回は以上になります。

 

ちょっとややこしい話しをしたので、新しい実戦譜例はありません。

 

ルートとトニックの違いは、大事な概念なので、
繰り返し読んでしっかり理解しておきましょう。

 

ありがとうございました。

 

大沼

 

※Top image by ‘Billy Frank Alexander’ →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response