Now Reading
【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.05『“Cメジャーペンタ”と“Aマイナーペンタ”と“トニック”』

【人生で一番最初に読む、ギターと音楽の教科書】vol.05『“Cメジャーペンタ”と“Aマイナーペンタ”と“トニック”』

※この講座(vol.5)のPDFファイル版です。プリントアウトするなどして活用してください。

↓↓

http://www.shunonuma.com/report2/vol.5cmp5.pdf

 

【vol.5】“Cメジャーペンタ”と“Aマイナーペンタ”と“トニック”

(【人生で一番最初に読むギターと音楽の教科書】
テキスト全編のダウンロードはこちらのページから可能です)

 

それではvol.5、やっていきましょう。

 

これまでの講座で、

・Cメジャーペンタの5ポジション

・「メジャーペンタトニックスケール」と言う言葉の意味

・メジャーペンタのギターソロ譜例2つ

を学びました。

 

2つのソロを弾いてみたら分かると思いますが、この講座のテキスト番号で言う、
第1ポジションと第2ポジションは、ギターのフレーズを弾くにあたって、
世のギタリストに使われまくっています。

 

今後、あなたもまず間違いなく、使いまくることになるでしょう。

 

なぜなら、上の二つのポジションは、ギター演奏において、
一番フレーズが弾きやすい形をしていて、かつ、
おいしい音にアプローチしやすいポジションだからです。

 

バッキング、ソロ、フィルインなど、ありとあらゆるプレイの基本となります。
ペンタの5ポジションを全部覚えていない、とか、
もはやギタリストではありません。

 

僕の先生(師匠のような人)はよく
『ペンタトニックは偉大だ』と口にします。

 

それはなぜかと言うと、あの5ポジションの組み合わせで、
基本的なものから、理論的な上等アプローチまで、幅広く行えるからです。
(これは後々分かってきます)

 

しばらくは、まだそこまではいきませんが、
この講座の後半の方で学んでく予定です。

 

あと、重要なのはvol.3でやった、
3つのポジションをまたぐ鉄板の動き。

 

あれも、譜面を載せた2つのソロで、それに近い動きが出てきているはずです。
(どこに?と思ったら、もう一度じっくり弾いてみてください)

 

と、前置きはこの位にして、今回は、

・CメジャーペンタとAマイナーペンタの違い

・『トニック』はどの音なのか?

・『ルート(ルート音)』と『トニック』の違い

について学んでいきましょう。

 

この講座は、ギタリストに必要な基礎能力を全て身に付ける事が目的なので、
新しいことはどんどん覚えていってもらいます。

 

ギター上達の最もシンプルな方法は、
『ちゃんと覚えることを覚えて、自分の好きな曲を楽しく弾くこと』です。

 

世の人を見わたすと、好きな曲は弾いていても、
覚えることを覚えていない人が大半ですよね。

 

覚えること(基本のスケールや理論など)を覚えていないと、
近いうちに必ず、大きな壁にぶち当たります。

 

しかも、ちゃんと勉強している人に比べると、
より壁にぶつかる回数が多くなるというオマケつき。

 

なぜなら『ギターを弾いている』だけで、
『音楽のこと』をまったく分かってないわけですから。
(学ぶと言う事を、やるかやらないか、どちらを選ぶかはその人の自由ですが)

 

そもそも、好きな曲を弾いていても、一曲から学べることの、
習得率や習得スピードにかなりの差が出てくるでしょうし。

 

その曲で、アーティストが何をやっているのかが、分析できませんからね。
もちろん何度も言っている通り、ペース配分は考えます。

 

分かりにくければ、分かりにくい、とメッセージをください。
(何処がどうわかりにくかったのかを書いてくださいね)

 

では、いきましょう。

 

・CメジャーペンタとAマイナーペンタの違い

 

さて、Cメジャーペンタのポジションはこれまでで全て覚えたわけですが、
今回は『Aマイナーペンタトニックスケール』のポジションも
全部覚えてしまいましょう。

 

で、そのポジションなんですが、

“Aマイナーペンタトニックスケールのポジションは、
 Cメジャーペンタとまったく同じ”

です。

 

練習法としては、Cメジャーペンタの5つのポジションでやったように、
同じ形を今度は『A』の音から弾き始めて、『A』の音で終わってください。

 

まずはこれだけで十分です。

 

C音から始めてC音で終わっていた時は明るかったスケールが、一転、
A音から始めてA音で終わると、暗い感じの響きになるはずです。

 

ポジションはもう覚えていると思うので、指の運動やポジションの確認と言うよりは、
“始まる音によって変わる「スケール全体の響きの違い」を耳で聴く”ことに集中してください。

 

これを全5ポジションで行います。

 

なぜ、CメジャーペンタとAマイナーペンタがまったく同じポジションなのか?という部分は、
今後の講座で解説しますので、まずは、耳と手で響きの違いを確認しましょう。

 

 

・『トニック(tonic)』はどの音なのか?

 

次に、『トニック(tonic)』について。

 

以前の講座で少し解説しましたが、『トニック』とは『主音』のことでしたね。

 

「主音ってなんだよ?」って感じですが、『主』という文字が表しているように、
その集団の“あるじ(主)”、要するに、今、想定しているスケールやらなんやらの
“基点、基準、中心”となる(基準に考える)音のことです。

 

この『トニック』と言う言葉は、“何について話しているのか?”で、
対象が微妙に変わってくるので、慣れるまではちょっとやっかいです。

 

とりあえず、今回は、

『スケールについて話しているとき、“トニック”といったら、
 「“~”メジャースケール」とかの、最初のアルファベットの音名の事を指している』

と覚えておいてください。

 

『C』メジャーペンタだったら『C音』がトニック、
『A』マイナーペンタだったら『A音』がトニックです。

 

今後、トニックという単語も頻繁に出てくると思いますので、
少しずつ慣れていってくださいね。

 

 

また、理論を学び始めたばかりの頃、“トニック”と意味を混同しやすいのが、
コードを考える時に出てくる『ルート音(root)』です。

 

ルートもトニックも、ある種の基点を表している点では同じです。

 

しかし、ルート音(root)という表現は、
基本的にコード(和音)について考える時に使います。

 

この辺りの違いを詳しく見ていきましょう。

 

まず、ルート音(root音)と言う音楽用語を日本語に訳すと、『根音(こんおん)』です。

 

『root』と言う英単語は、樹の根っこの『根(ね)』ですし、広い意味では、
『根本、根源、起源』などを意味する事もありますよね。

 

で、『コードについて考える時に使う言葉』で、『root』なので、
それが指しているモノは、『コード』の『根っこ』なわけです。

 

『root音』=『根(ね)の音』なので、要するに一番下の音って事ですね。

 

もしかしたらどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、
『コード(和音)と言うモノは、下から上に音を積み重ねていくもの』です。

 

これについては五線譜を見れば一目瞭然ですね。

vol5-1

 

この様に、

『低い音から上に音を積み重ねていく時=コード(和音)を形成する時に、土台とする1音』

の事を「樹の根」や「根源、起源」の例えとして『root』と言う言葉を使っているのです。

 

 

なので例えば、「C」と言うコード表記は、

『C音をroot音にして(C音を土台にして)、メジャートライアドを形成する』

と言う意味ですし、他にも「Dm7」と言うコード表記は、

『D音をroot音にして(D音を土台にして)、マイナーセブンスのコードを形成する』

と、そういう意味です。

 

 

この辺りのコード構成の話は後々やっていくので、現時点では、

『root音とは、コード構成の土台とする、一番低い音の事を指している』

と、このくらいの解釈で十分です。

 

 

もう少し、トニックとの違いを説明するならば、トニックは、

『ほぼ平等に、どの音もトニックに出来る一定の音列(≒スケール)があった時、
どの音を基準として設定しているのか?』

と言うような、横(平行、平等)の感覚で、

 

ルートは、

『コード(和音)としての音の塊があった時、一番低い音(と言うか土台に設定している音)の事』

を指すような、縦の感覚に近いです。

vol5-2

 

これらの使い分けも、段々とわかってきますので、今は何となくの理解でOKです。

 

 

と、言うことで、今回学んだことは、

・CメジャーペンタとAマイナーペンタはまったく同じポジションである
 (基準にする音を変えたもの)

・スケールの『トニック(主音)』は『”~”メジャースケール』などの名前の、
 最初のアルファベットの音のこと

・『ルート(ルート音)』と『トニック』の違い

でした。

 

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました。

 

大沼

 

 

※Top image by ‘Billy Frank Alexander’ →facebook

Comments
Leave a response

Leave a Response