Now Reading
【ギター超初心者講座~第一回~】右手のストロークに慣れる為の基礎練習

【超初心者講座】第1回『右手のストロークに慣れる為の基礎練習』

 

※この記事は、

『完全初心者から、ギター演奏に必須のテクニックをスムーズに鍛えていく』

をテーマに、数年前に作った【ギター超初心者講座】のまとめです。

 

講座のPDFテキストは、以下のリンクからダウンロードして下さい。
http://www.shunonuma.com/report/syo1.pdf

 

 

練習フレーズ① 4分音符のブラッシング
1-1

 

練習フレーズ② 8分音のブラッシング
1-2

 

この2つのフレーズを練習する時に重要なポイントは、

・右手を大きく(しっかりと)振ること
・左手でちゃんと弦に触って、しっかりとミュートすること
(音程を出さないこと)

この二つです。

 

ギターを始めて本当に間もない頃の、ストロークに全く慣れていない時は、
「慣れてきたな」と感じるまでは、メトロノームを使わなくてもOKです。
(※もちろん使ってもOK)

 

ですが、ストロークに慣れてきたと感じたら、必ずメトロノームを使ってください。

早い内から、リズム感を鍛える練習を始めておきましょう。

 

テンポは各自の自由で大丈夫ですが、大体スタートは60~80 くらいから。

 

目標としては120~130 くらいのテンポを、安定してストローク出来る様ならば、
第一段階は終了です。

 

もちろん、もっと早いテンポを練習してもいいんですが、
130前後のストロークが出来れば、あとは曲をコピーしているだけで、
大方のテンポには対応できるようになりますので。
動画の方でも解説していますが、メトロノームを使うときは、
演奏する時間を決めたほうが良いです。

 

大体、練習としては1分~3 分くらいタイマーでセットして、
その間は集中して取り組みます。

 

現実的な曲の長さを考えるならば、3~5分間の練習などもやってみましょう。

 

練習フレーズ③ コード進行をつけてのストローク(4分音符)1-3

 

練習フレーズ④ コード進行をつけてのストローク(8分音符)
1-4

 

この2つのフレーズで気をつける事としては、右手を大きく振ることや、
ミュートのしっかりすること(6弦)は、前のモノと同じですね。

 

今度は弦の音を出しているので、右手ストロークの振りが甘かったり、
ピックが強く当たりすぎたりすると、その影響が音に出ます。

 

“どうストロークしたら綺麗な音が出るのか?”
(※どんな音になるのか?)
そういった事を意識しながら練習しましょう。

 

では、今回は以上になります。

 

第二回に続きます。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response