Now Reading
【ギタリスト1日10分トレーニング】vol.54『マイナーキーでのコードとスケールの基本的な動き』

この講座は「朝起きたら10分、すぐにやる」をテーマに、
メルマガ読者向けに開講していた、
『ギタリスト1日10分トレーニング』の
体験版です。

無料メルマガ参加で、テキスト全編(Vol.01~100)のダウンロードが可能です。

テキスト全編のダウンロードはこちらのページから

 

 

Vol.54 マイナーキーでのコードとスケールの基本的な動き

 

『10分トレ』vol.54、始めていきましょう。

 

今回は、マイナーキーでの基本的な音の動きを弾いてみたいと思います。

 

まず、マイナーキーの場合、基本スケールはナチュラルマイナースケールですね。

 

ここではトニックをA音に設定して、Aナチュラルマイナーで弾いてみましょう。

図1、Aナチュラルマイナー、6弦ルート、基本ポジション
54-1

 

次に、こちらは別途配布している【教科書】のvol.52位から出てくるのですが、マイナーキーの楽曲の場合、スケールを『ハーモニックマイナースケール』に変化させる事があります。

 

こちらもA音をトニックに、Aハーモニックマイナーで弾いてみます。

図2、Aハーモニックマイナー、6弦ルート、基本ポジション
54-2

 

そして、これらの違いを元に、素直に切り替えて弾いた譜例が以下になります。

譜例1、Aナチュラルマイナー&Aハーモニックマイナー
54-3

 

この譜例は、トニックのA音を基準に、単純にスケールを変えただけですが、楽曲中でハーモニックマイナーに切り替える事になるのは、主に「Ⅴ7コード」の上ですね。

 

Aマイナーキーの場合、Ⅴ7はE7になるので、その上でAハーモニックマイナーを弾くことになり、それは実質、EハーモニックマイナーP5thビロウスケール(EHmp5↓)と同じことになりますね。

譜例2、Aナチュラルマイナー ⇒ EHmp5↓(=Aハーモニックマイナー)
54-4

 

譜例2ではE7の上でもAハーモニックマイナー的に音をたどっていますが、E7上でそれを弾くと、EHmp5↓スケールを弾いている事と同義です。

 

今回は、この辺りの切り替えを、Am7→E7のループを作るなどして練習してみて下さい。

 

では、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response