Now Reading
【ギタリスト1日10分トレーニング】vol.23『定番のダブルストップ・フレーズを弾いてみる ~その3~』

この講座は「朝起きたら10分、すぐにやる」をテーマに、
メルマガ読者向けに開講していた、
『ギタリスト1日10分トレーニング』の
体験版です。

無料メルマガ参加で、テキスト全編(Vol.01~100)のダウンロードが可能です。

テキスト全編のダウンロードはこちらのページから

 

Vol.23 定番のダブルストップ・フレーズを弾いてみる ~その3~  

 

では、vol23、始めていきましょう。

 

ダブルストップの定番ポジション3回目ですね。

 

これまでと同じ様に、トップノート側をルートと見なしたroot+3rdの組み合わせを、今回は3弦と5弦で弾いて行きます。

 

早速、譜例に行ってみましょう。

譜例
23-1

 

前回と前々回の譜例は、2~3弦間をまたいでいたので全て同じ形でしたが、この譜例では、そこから1フレット広がった様な音の配置になっています。

 

今弾いているのは3弦+5弦ですが、4弦+6弦で同じ事をしても、上記譜例と大元の形は同じになります。

 

なので結局、この距離(インターバル)の音の組み合わせだと、視覚的なパターンとしては合計4種類と言う事ですね。

 

・root+M3rdの2種類(※赤丸はC音をルートに見た場合の位置)
23-2

 

・root+m3rdの2種類(※赤丸はA音をルートに見た場合の位置)
23-3

 

これらの音の位置関係を覚えておくと、スケール的なプレイとコード的なプレイの、どちらでも活かすことが出来ますし、咄嗟の判断も早くなるでしょう。

 

例えば、ダブルストップ系のプレイを、ここまで強調することはあまりないと思いますが、多めに使ったフレーズとしてはこんな感じです。

23-4

指弾きなどで、軽くミュートをかけたりしながら弾くと雰囲気が出るでしょう。

 

他にも、フィルイン的にサラッと入れても良いものですし、リードプレイでは、各音をバラバラに弾いて、スキッピング系のフレーズにも発展させられますね。

 

これ以外の知識や奏法と組み合わせたりして、自分なりのフレーズを作ってみて下さい。

 

では、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response