Now Reading
【ギタリスト1日10分トレーニング】vol.12『XM7コードの構造を確認してみる ~その2~』

この講座は「朝起きたら10分、すぐにやる」をテーマに、
メルマガ読者向けに開講していた、
『ギタリスト1日10分トレーニング』の
体験版です。

無料メルマガ参加で、テキスト全編(Vol.01~100)のダウンロードが可能です。

テキスト全編のダウンロードはこちらのページから

 

 

Vol.12 XM7コードの構造を確認してみる ~その2~

 

では、vol.12、始めていきましょう。

 

前回に引き続き、メジャーセブンスコード(XM7)の構造をベースにした奏法をやっていきます。

 

今回は、5弦ルートのポジションでトニックはC音、指板上では構成音をこの様に見て下さい。

12-3

 

ここでCM7アルペジオを弾く場合、代表的なものとしては、以下の様な弾き方が存在しますね。

譜例1
12-1

譜例2
12-2

 

譜例2の指使いは、5弦7フレットに小指、4弦5フレットに中指が来たら、後は譜例1と同じです。

 

一応、指定はありますが、スライドなどを含めた場合、他のパターンも考えられますね。

 

続いて、ここ周辺のCM7のコード・トーンを使ったダブルストップの譜例です。

譜例3
12-4

 

前回と同じく、譜割りは便宜的なものになっているので、形に慣れてきたら、音をバラして弾いてみたり、複数のポジションをスライドなどで繋げたりと、フレーズっぽくしてみましょう。

 

 

さて、前回の譜例もそうでしたが、テキストでやっている事は、実質、CM7コード上でCM7のアルペジオを弾いている様な感覚になりますね。

 

これはこれで良いのですが、例えば、他のコードの上でこのアルペジオを使うとどんな響きになるのか?こう言った事も試してみましょう。

 

例えば、Cキーの曲があるとして、他のダイアトニックコードであるDm7やFM7等の上でCM7のアルペジオを弾いてみる、と言う事です。

 

CM7の構成音C、E、G、BをDm7上で弾くと、ルートのD音から見ると、C=m7th、E=9th(M2nd)、G=11th(P4th)、B=13th(M6th)となり、Dm7に対して美味しいテンションばかり弾いている状態になります。

 

ここ最近やっているアルペジオ系のプレイでは、この様な面白い関係性が作れることが多々あるので、研究してみるとプレイの幅が広がるでしょう。

 

では、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response