Now Reading
【ギタリスト1日10分トレーニング】vol.11『XM7コードの構造を確認してみる ~その1~』

この講座は「朝起きたら10分、すぐにやる」をテーマに、
メルマガ読者向けに開講していた
『ギタリスト1日10分トレーニング』の
体験版です。

無料メルマガ参加で、テキスト全編(Vol.01~100)のダウンロードが可能です。

テキスト全編のダウンロードはこちらのページから

 

 

Vol.11 XM7コードの構造を確認してみる ~その1~

 

では、vol.11、始めていきましょう。

 

今回は、メジャーセブンスコード(XM7)の構造を、指板上で確認する為のフレーズを弾いて行きます。

 

XM7の構造はroot、M3rd、P5th、M7thなので、ルート(トニック)をC音に設定すると、CM7となり、構成音はC、E、G、Bになりますね。

 

代表的なコードの見方には、6弦ルートと5弦ルートがありますが、今回は6弦ルートの方を見ていきましょう。

 

CM7がダイアトニックコードに含まれるキーには、Cキー(もしくはAmキー)とGキー(もしくはEmキー)がありますが、ここではCキーのⅠM7と見て、Cメジャースケールを基準にします。

(※とは言え、XM7の構成音(root、M3rd、P5th、M7th)だけを見るならば、GキーのⅣM7と見ても、構成は変わらないのですが)

 

ポジション的にはここで、CM7の構成音である赤丸の付いた音を弾いていきます。

11-2

 

それでは、譜例は以下になります。いつもの様に、譜割りは便宜的なものです。

譜例1、CM7、コードトーン・アルペジオ
11-1

譜例2、CM7、ダブル・ストップ系フレーズ
11-3

 

譜例1のアルペジオは定番中の定番で、そのままフレーズとして使う事も多いですね。

 

今回はC音ルートでやりましたが、他のXM7コードのアルペジオとしても使えるので、音の配置を手に馴染ませておきましょう。

その内、指板を見なくても弾ける様になりますので。

 

譜例2は、今回指定したポジション内で、XM7の構成音をダブル・ストップ(重音奏法)で弾いて行ったフレーズです。

 

譜面にしたフレーズでは2音を同時に慣らしていますが、単音でバラバラに弾いてみても良いでしょう。

 

この両譜例がスムーズに弾けるようになると、XM7系のアイディアをベースにしたフレーズが非常に作りやすくなります。

 

ちなみに余談ですが、重音奏法の内、2音を同時に鳴らす事をダブル・ストップ、3音を同時に鳴らすことをトリプル・ストップと呼び分けたりもします。

 

ですが、かと思ったら、2音でも3音でも、全部ひっくるめてダブル・ストップと呼んでいる事もあるので、その辺りは文脈で判断しましょう。

 

それでは、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response