Now Reading
【ギタリスト1日10分トレーニング】vol.08『マイナー系3種のスケールを弾いてみる ~その2~』

この講座は「朝起きたら10分、すぐにやる」をテーマに、
メルマガ読者向けに開講していた
『ギタリスト1日10分トレーニング』の
体験版です。

無料メルマガ参加で、テキスト全編(Vol.01~100)のダウンロードが可能です。

テキスト全編のダウンロードはこちらのページから

 

Vol.08 マイナー系3種のスケールを弾いてみる ~その2~

 

では、vol.08、始めていきましょう。

 

今回は、前回弾いた3種類のマイナースケールを、違うポジション(ブロック)で弾くトレーニングです。

 

早速、譜例に行ってみましょう。いつもの様にトニックはA音です。

 

スケールを、人差し指や中指から始めるポジション(弾き方)には、ある程度馴染みがあると思いますが、以下の様に、小指(もしくは薬指)から始めて、ネックのヘッド側にも進めると、フレージングの自由度が上がります。

 

譜例1、ナチュラルマイナースケール、6~4弦トニック

8-1

譜例2、ハーモニックマイナースケール、6~4弦トニック

8-2

譜例3、メロディックマイナースケール、6~4弦トニック

8-3

 

上記3種のマイナースケールのインターバルは以下の様になっていて、赤字がナチュラルマイナーとの違いですね。

 

・ナチュラルマイナー
tonic、M2nd、m3rd、P4th、P5th、m6th、m7th

・ハーモニックマイナー
tonic、M2nd、m3rd、P4th、P5th、m6th、M7th

・メロディックマイナー
tonic、M2nd、m3rd、P4th、P5th、M6thM7th

 

さらに、メロディックマイナーは、メジャースケールと3度が違うだけになります。

・メジャー(アイオニアン)スケール
tonic、M2nd、M3rd、P4th、P5th、M6th、M7th

 

これらの違いを意識しながら弾いていると、身体が勝手にインターバルの配置を覚えていきます。

 

この手の練習は、スピードは必要ないので、じっくりと1音1音確かめるように弾いてください。(※響きの違いも聴くようにしましょう)

 

vol.02の時に、メジャースケールの覚えたブロックを繋げてみる、と言う様な事を書きましたが、これらのマイナースケールも、前回やったブロックと組み合わせて弾いてみましょう。

 

こちらもまた、前回と今回のものを組み合わせると、指板上の大部分をカバーできます。

 

1オクターブ内でも可能ですが、ブロックを2つ位繋げると、メロディーが作りやすいと思うので、自由にアドリブの様な事もしてみて下さい。

 

では、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response