Now Reading
【ギタリスト1日10分トレーニング】vol.02『メジャースケールの1オクターブのブロック ~その2~』

この講座は「朝起きたら10分、すぐにやる」をテーマに、
メルマガ読者向けに開講していた
『ギタリスト1日10分トレーニング』の
体験版です。

無料メルマガ参加で、テキスト全編(Vol.01~100)のダウンロードが可能です。

テキスト全編のダウンロードはこちらのページから

 

 

Vol.02 メジャースケールの1オクターブのブロック ~その2~

 

それでは、vol.02、始めていきましょう。

 

前回に引き続き、メジャースケールを1オクターブの範囲で弾いていくのですが、見るブロックを変えていきましょう。

 

今回の練習譜例では、トニックに小指を置いてスタートします。こちらの譜例も、各小節のフレーズを繋げて弾く必要はありません。

 

譜例

2-1

1小節目の4拍目の指使いは好きな方で構いませんが、後々の事を考えると、両方出来た方がいいですね。

(※人→人はスライドでも、パッと押さえ変えるのでも、どちらでもOKです)

 

2小節目のフレーズは、オクターブ下げると、解放弦を使った、おなじみの「ドレミファソラシド」です。

 

これも前回と同様、各パーツの視覚的な音の並びとインターバルを把握します。

 

トニック(P1st)の弦は1音しか弾かないのでそれでいいとして、低い弦から順に、

・2ー3ー4、(M2nd-M3rd-P4th)

・5ー6、(P5th-M6th)

・7ー8(1)、(M7th-P8th(tonic(P1st)、octave))

となっています。

ここでも、2~3弦間で1フレットずれる感覚を掴んでおきましょう。

 

これらのブロックは、ペンタトニックの代表的なポジションとも一致し、フィンガリング的にも、ギターではかなり演奏しやすい音の並びになっています。
(※どのペンタトニックのポジションと一致するのか?確かめてみて下さい)

 

さて、実は、今回と前回(vol.01)の譜例を合わせると、これだけで、指板上のメジャースケールポジションの9割くらいをカバーできてしまいます。

 

基本的にトニックからトニックへ進んでいるので、1オクターブ上がったら、またそこのトニックから次の(他の)ブロックに進めますよね。

 

この組み合わせで、指板上のほぼ全ての方向へ行けるので、各ブロックを繋げて、上がってみたり、下がってみたりを試してみて下さい。

 

例えば、6弦8フレットのC音からスタートして、その付近で見るならば、イメージとしてはこんな感じですね。

2-2

この様に、ブロックの移動を繰り返していくと、上下左右、大体の方向に進めます。

 

そしてそれが結果的に、メジャースケールの全ポジションと被っているので、効率よく覚えられる、と。

 

個人的な感覚としては、これらの1オクターブ・ブロックの練習をすると、アタマで覚えるのはもちろんの事、手が勝手に音の配置通りに動く様な実感があります。

 

「トニックを起点に、どう音が配置されているのか?」を手が覚えていて、手元(指板)を見なくてもスケールポジションが分かる感じですね。

 

こうなって来ると、他の事に意識を割けるので、プレイも安定してくるでしょう。

 

では、今回は以上になります。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response