Now Reading
【ギタリスト超初心者講座~第8回~】指板上での横移動をスムーズにする為のトレーニング

【ギタリスト超初心者講座~第8回~】指板上での横移動をスムーズにする為のトレーニング

 

※この記事は、

『完全初心者から、ギター演奏に必須のテクニックをスムーズに鍛えていく』

をテーマに、数年前に作った【ギター超初心者講座】のまとめです。

 

講座のPDFテキストは、以下のリンクからダウンロードして下さい。
http://www.shunonuma.com/report/syo8.pdf

 

 

では第8回、やっていきましょう。

 

今回は”指板を横に動くフレーズ”です。

 

まず、基本として、クロマチックスケールの練習で行ったような、1フレットずつ、左右に移動する練習があります。

譜例1、上昇

8-1

譜例2、下降

8-2

 

1フレットずつ、人差し指~小指の各指を対応させて弾きます。

8-3

 

これまでと同じように、メトロノームを使って無理なく弾けるテンポから練習しましょう。

 

横移動の時の演奏上のポイントは、左手全体をスッと、必要な距離の分移動させる、と言うことです。

 

特に重要なのは、親指の位置になります。

 

表(指板上)に出している4本の指と、裏に添えている親指の位置関係が、ポジションを動いても変わらないように左手全体を移動させます。(動画で動きをよく確認してください)

 

もちろんフレーズによっては、親指をあまり動かさない事もあるのですが、今回のトレーニングでは、左手全体を移動させることになります。

 

次に、メカニカルに1フレットずつ動いていたのとは違う、スケール(音階)を使ったトレーニングをしてみましょう。

 

使うスケールは、C メジャースケール、要するに”ドレミファソラシ(ド)”ですね。

 

この7音だけを使って、横移動のフレーズを練習します。

 

スケールの種類などは、今の時点では気にしなくてもいいです。

 

場所と音名だけ覚えて、練習に入ってください。

 

指板上で見ると、ここの音を使います。

8-4

アルファベットの音名はそれぞれ、”C=ドD=レE=ミF=ファG=ソA=ラB=シ”と対応しています。

 

このC メジャースケールを使って、以下の譜例にチャレンジしてみましょう。

 

譜例3、C メジャースケール横移動

8-5

 

この8小節のパターンを何度か繰り返してみましょう。

 

基本的な指使いは3つのパターンがあり、それぞれこの様に指を対応させます。

5フレット間にまたがるパターン

8-6

4フレット間にまたがるパターン1

8-7

4フレット間にまたがるパターン2

8-8

 

基本的にはこの指使いを守って弾きます。

 

この譜例でのポジション移動(横に動く)の時のポイントは、”人差し指を基点にするような感覚で、スッと動かすこと”です。

 

人差し指(と同時に裏の親指)が先に目的の位置に移動した後、残りの指がついてくるような感じです。

 

厳密には、ポジションを動かした時点で、次のポジションのフレット間隔に合わせる感じで、他の指もすでに開いて準備しておくのですが。

 

この辺りは動画を参考にしてください。

 

アコギの場合、12フレット近辺になるとボディが邪魔になり、弾きづらいかもしれませんが、その時は弾ける範囲にフレーズを縮めて練習しましょう。

 

さて、人差し指基点のフレーズを弾いてみたところで、最後に、小指基点のフレーズを練習してみましょう。

 

 

小指基点とは、要するに、横に動く時、小指をベースにしながら動く、ということですね。

 

使うスケールも先ほどと同じC メジャースケールで行きましょう。譜例は以下になります。

譜例4、C メジャースケール横移動

8-9

 

どちらかといえば、人差し指基点よりも小指基点の方が、難しく感じるかも知れません。

 

ポジション移動時のポイントは、人差し指の時と同じで、小指が先に動いて、後から他の指がついてくるような感じです。

 

人差し指よりも力が弱くなるので、手を移動させた時にバランスが崩れやすくなりがちです。

 

その辺りに気をつけながら、じっくり練習して、ポジション移動の感覚を身につけていきましょう。

 

では今回の”指板上で横にパッと動く”トレーニングは以上になります。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response