Now Reading
【ギタリスト超初心者講座~第6回~】左手の指をちゃんと動くようにするには?

【ギタリスト超初心者講座~第6回~】左手の指をちゃんと動くようにするには?

 

※この記事は、

『完全初心者から、ギター演奏に必須のテクニックをスムーズに鍛えていく』

をテーマに、数年前に作った【ギター超初心者講座】のまとめです。

 

講座のPDFテキストは、以下のリンクからダウンロードして下さい。
http://www.shunonuma.com/report/syo6.pdf

 

 

では第6回、やっていきましょう。

 

まずは、定番のクロマチックスケールのトレーニングからですね。

 

教本などでよく見るのが、1~4フレットを使った、こういったパターン。

6-1

 

無理なく弾けるのならここでも良いんですが、本当にギターを始めたばかりの初心者の人には、1~4フレット間ではフレットの間隔が広すぎて、左手の指を開くのがキツイかもしれません。

 

なので一番最初にお勧めするのは、スタートする場所を、5~9フレットの辺りにして、クロマチックの練習を始めることです。

 

そして、6弦から1弦まで全ての弦を使わずに、1本の弦だけで練習をしてもいいでしょう。

 

例えば、5フレットスタートで(5~8フレットを使って)1弦だけで練習する場合はこうなりますね。

6-2

 

右手のピッキングは全てダウンでも良いですし、慣れてきたら、オルタネイトピッキング(ダウン、アップを繰り返すピッキング)でもやってみましょう。

 

いつもの事ですが、一番最初の、まだ動作に慣れていない時点では、メトロノームに合わせなくてもOKです。

 

ですが、ある程度安定してフレーズを弾けるようになったら、必ずメトロノームを使ってください。

 

一本弦での練習に慣れてきたら、複数の弦を使って、弦の移動も含めたトレーニングに入りましょう。

 

※弦移動を含む譜例(5フレットスタート)

6-3

 

動画のほうでも少し言っていますが、練習の概要を理解したら、自分で練習の仕方を工夫してみる、というのが大事です。

 

例えば今回のクロマチックスケールならば、一番最初に載せた、1~4フレット辺りを使った譜例がありますね?

 

それをやってみて、「左手を開くのがキツいな」と感じたら、上に載せた、もう少し上のポジションで弾いてみる、というように、自分に無理なく出来る範囲まで、練習を細分化してみましょう。

 

そういった「自分なりの工夫」が、あなたの上達を加速させます。

 

もし、「新しい練習の仕方を思いついたけど、これで良いのか自分では判断できない」というならば、僕にメールしてください。

 

喜んでお答えしますので。

 

では今回は、練習がシンプルなので、テキストは以上になります。

 

ここに載せた譜面のポジション以外にも、指板上の色々なポジションで弾いてみてくださいね。

 

このての基礎トレーニングは色々な種類がありますが、まずはこの通常パターンの練習を、丁寧に続けてください。

 

これだけでも十分効果が出ますので。

 

練習の始めに、スポーツで言うランニングのような、ウォームアップのつもりでやってくださいね。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response