Now Reading
【ギタリスト超初心者講座~第5回~】16分音符で食うリズム、繋げるリズム

【ギタリスト超初心者講座~第5回~】16分音符で食うリズム、繋げるリズム

 

※この記事は、

『完全初心者から、ギター演奏に必須のテクニックをスムーズに鍛えていく』

をテーマに、数年前に作った【ギター超初心者講座】のまとめです。

 

講座のPDFテキストは、以下のリンクからダウンロードして下さい。
http://www.shunonuma.com/report/syo5.pdf

 

 

では第5回、やっていきましょう。

 

まずは 1 拍の中での 16 分音符の組み合わせ に慣れていきましょう。

 

ストロークのアップダウンをよく確認してくださいね。

 

動画の方でも話していますが、3 と4は最初は少し難しく感じるかもしれません。

 

譜面ではブラッシングで表記していますが、実際に練習する時は、好きなコードで弾いてもらっても構いません。

 

1~4のパターンを繋げたり、組み合わせたりして、自由に練習してください。

 

そしていつもの事ですが、このストロークに手が慣れてきたな、と思ったら、メトロノームに合わせて練習しましょう。

 

組み合わせ1

5-1

組み合わせ2

5-2

組み合わせ3

5-3

組み合わせ4

5-4

 

次に 16 分音符同士を、拍をまたいで繋げる動きを練習します。

 

これもコードを付けたりして、自由に練習してみて下さい。

5-5

 

1小節の中で16分音符を繋げる場所は、上の譜面の場所を含めて3箇所ありますね。

 

それぞれのパターンを練習して、対応できるようにしておきましょう。

5-6

 

では最後、「食う」リズムについて。

 

これは8分音符でやった時と、基本的には同じことです。

 

ただ、音符が16分音符なので、音符自体の長さが、8分音符の時とは違っていることを理解しておいて下さい。

 

基本的な動きはこう。

5-7

 

動画で弾いているコードはこんな感じです。

5-8

 

このように、リズムが「食う」時は、コードチェンジが入る場合が多いので、チェンジするタイミングをつかんでおきましょう。

 

上のような、指を離すだけのチェンジの時は、上記譜面のようになりますが、もう少し大きく指を動かすチェンジの時は、実際には以下のようになります。

 

パターン1、チェンジの前に開放を入れて、その間にコードチェンジ

5-9

パターン2、チェンジの前にミュート(ブラッシング)を入れて、その間にコードチェンジ

5-10

 

これは、基本的にはどちらでも良いのですが、その時にやりたい方を選べるように、コントロールできることを目指しましょう。

 

では、今回は以上です。

 

ありがとうございました。

 

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response