Now Reading
【ギタリスト超初心者講座~第3回~】リズムを「食う」という感覚

【ギタリスト超初心者講座~第3回~】リズムを「食う」という感覚

 

※この記事は、

『完全初心者から、ギター演奏に必須のテクニックをスムーズに鍛えていく』

をテーマに、数年前に作った【ギター超初心者講座】のまとめです。

 

講座のPDFテキストは、以下のリンクからダウンロードして下さい。
http://www.shunonuma.com/report/syo3.pdf

 

では第3回、やっていきましょう。

 

まずは、一つ目のリズムパターン。
3-1

 

ブラッシングで弾いたり、2小節目のようにコードをストロークしたり、
どちらでも練習してみてくださいね。

 

動画をよく見て、リズムを繋げる場所とストロークの感覚をつかんでください。

 

次にリズムの『オモテ』と『ウラ』の話。

 

今回は8分音符のフレーズなので、8分音符のオモテとウラを解説しています。
(※16分音符にもオモテ、ウラの概念はありますが、それは後でやります)

 

これはもう単純な話で、どちらがオモテでどちらがウラなのかは、以下の譜面の通りです。

3-2

 

今やっているストロークのパターンでいうならば、

ダウンストロークをしている場所が8分音符のオモテで、
アップストロークをしている場所が、8分音符のウラです。

 

この、リズムのオモテ、ウラという表現は音楽用語としてよく出てくるので、覚えておきましょう。

 

ちなみに、最初の譜面のストロークのパターンに、第1回でやったコードチェンジをつけるとこんな感じになります。

3-3

この4小節を繰り返す練習もしてみましょう。

 

では、2つ目のパターンにいきましょう。

3-4

 

1つ目のパターンとは、繋げる場所が変わります。

 

これも動画を良く見て、ストロークでピックを当てる場所、当てない場所、そこを掴んでください。

 

このリズムでも、コードチェンジを入れたりして、自分なりに色々と試してみましょう。

 

これを、一つ目のパターンと組み合わせるとこんな感じ。

3-5

 

第1回、第2回でやったエクササイズ比べると、だいぶ曲っぽくなっているのがわかると思います。

 

それでは最後に『リズムを食う』というコト、これについてやっていきましょう。

 

ざっくりと説明すると、今弾いている小節の最後と、次の小節の頭を繋げることになります。

3-6

 

まあ、これは、言葉で説明されるよりも、動画を見て感じをつかんでもらった方が、きっとわかりやすいでしょう。

 

コード進行をつけると、よりわかりやすくなると思います。

3-7

 

次の小節に食って入る場合、コードチェンジがあれば、赤丸で囲った場所で、先にコードチェンジしてしまいます。

 

さて、色々なパターンをやってきましたが、どうでしょうか?
慣れるまではちょっと難しいかもしれません。

でも、いつも言っていますね?

 

重要なのは、焦らず、じっくり、ゆっくり、やっていくことです。

 

各動作を、1つ1つクリアしていく感じで。

 

上手くいかないときは、マスターすることを1つだけに絞りましょう。
(可能なら、複合的に練習してもOKです。)

 

続けていけば、必ずどんなものでも弾けるようになりますので。

 

では、今回は以上です。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response