Now Reading
【ギタリストの為のモード奏法】vol.02『コーダルとモーダルを感じてみる ~その1~』

※この講座はメールマガジン読者向けに連載していたもので、
全24回、PDFファイル135Pのボリュームになっています。

このブログではvol.09まで公開予定で、
全編のダウンロードは無料メルマガ参加者のみが可能です。

テキスト全編のダウンロードはこちらのページから

 

vol.02 コーダルとモーダルを感じてみる ~その1~

 

では、vol.02始めていきましょう。

 

前回は、とりあえず、「コーダル」と「モーダル」の定義を定めたところまででしたね。

 

この講座では、それぞれ、

・コーダル
→旋律(メロディー)よりも、和音(コード)側に主体を寄せた
演奏法(or作曲、音楽構築法)

・モーダル
→和音(コード)よりも、旋律(メロディー)側に主体を寄せた
演奏法(or作曲、音楽構築法)

と定義しました。

 

こう考えると、結局、主体を、和音(コード)と旋律(メロディー)の
どちらに寄せて音楽を構築するのか?と、言う話になってきますね。

 

なので今回は、その音楽的な主体が、どうなっていたら、
どっちに寄っているのか?を、実際にギターを弾いて感じ取っていく内容です。

 

では、やっていきましょうか。

 

 

■コーダルな状態を確認してみる

 

前回、書籍からの引用で載せた文に、
“モードとは、長調や短調などの調性音楽とは別の世界である”
とありましたね。

 

モード(モーダル)が調性音楽とは別の世界なのであれば、
コーダルは調性音楽の(調性音楽的な)世界だ、と言う事になります。

 

この「調性音楽」とは、要するに、我々に馴染みの深い、主に、
長調、短調(メジャーキー、マイナーキー)を基調として、
まとまっている音楽の事です。
(※配布している【教科書】で主に学んでいるのが、調性音楽のロジックです)

 

実際の所、よほど特殊な環境で暮らしているか、専門的な勉強でもしていない限り、
世間で耳にする音楽の、大半のものが調性音楽である、と言っても良いくらいでしょう。

 

ここまでの話を聞くと、「調性音楽」の反対が「モード的なもの」の様に感じますが、
実は「調性(音楽)」の反対は「無調性(音楽)」になります。

 

調性音楽は、要するに、キー(key、調)の設定に準ずる音楽で、

・トーナル・センターとなる1音

・その1音をトニックに見た基準スケール
(※メジャーorナチュラルマイナーのスケール)

・その基準スケールの構成音から導き出されるダイアトニックコード

の3つの要素で成り立っている音楽の事ですよね。

 

なので、上の3つの要素をハッキリさせないように音楽を構築すれば、
「無調性的」になるわけですね。

 

ちなみに無調性(音楽)については、正直、僕自身、概要しか知っておらず、
実際に触ったことも無いので、このテキストでは取り扱いません。

 

気になる方は、youtubeで『無調性』などのキーワードで検索すると、
色々と楽曲が出てくるので聴いてみて下さい。

 

それで今は、『コーダル(和音的≒調性的)』と『モーダル(旋法的)』を
対比させているわけですが、先ほどの引用文には「反対のもの」ではなく
「別の世界」とありました。

 

これは後々わかりますが、実は「モーダルなもの」も、
広義では「調性的な音楽」に含まれていたりします。

 

ただ、先に設定した定義の通り、「和音よりも、旋律に主体を寄せている」ので、
「コーダル」よりも調性感が緩くなっている様な状態ですね。

 

この「調性感」が、先ほど挙げた、キー設定の3つの要素から生まれるので、
それに準ずる(3要素を多く含める=縛りを強くする)とコーダル、
緩めるとモーダル、に寄るわけです。

 

では、前置きが長くなりましたが、譜例を見ていきましょう。

 

譜例1、key=C、1ー6ー2ー5

2-1

 

毎度おなじみのCキーの進行ですね。

 

この4小節は、Cキーのダイアトニックコードしか出てきていないので、
Cキーの調性感に準ずる、「コーダルなもの」です。

 

これを常識的なテンポ(大方BPM60前後~それ以上)で演奏する場合、
人間はどうやっても、C音を基準(トーナル・センター)にした、
Cメジャースケール=CDEFGABの7音から醸し出される、
Cキーの調性を感じてしまいます。

 

なぜ、Cキーの調性を感じるのか?についての理由は主に二つあり、
一つは、CキーのトニックコードであるCM7と、ドミナント7thであるG7の
「ドミナント・モーション(G7→CM7)」が存在している事。

 

もう一つは、各コードのコードトーンを見てみると分かります。

それぞれ、

CM7 = C、E、G、B

Am7 = A、C、E、G

Dm7 = D、F、A、C

G7       = G、B、D、F

となり、Cメジャースケールの構成音を全てフォローしていますね。

 

今は、7種のダイアトニックコードの内、4つしか出てきていませんが、
他のコードが出てきても、結局、話は一緒です。
(※Cキーだと、残りはEm7、FM7、Bm7(♭5)の3種)

 

仮に、CM7とAm7の二つだけを見ても、CメジャースケールのCDEFGABの内、
DとF以外は鳴っているので、かなりCキー的な響きに近い状態です。

 

そして、これらのコードが、

「常識的なテンポ=それなりに短い時間」

で切り替わり、その楽曲(範囲)は、全体でCメジャースケールの構成音しか
鳴らない事になるので、Cキーの調性感を保ち続ける、とそういう話です。

 

ですがここで、アドリブ理論などで出てくる、いわゆる、
チャーチ・モードの表記を載せたりすると、

CM7 = Cアイオニアン

Am7 = Aエオリアン

Dm7 = Dドリアン

G7   = Gミクソリディアン

などと書かれていたりして、「ん?、スケール切り替えなきゃいけないの?」と、
意味が分からなくなるわけですね。

 

これはこれで理屈は正しいのですが、実際は、各ダイアトニックコードと
関連付いているスケール(チャーチ・モード)を弾いている限り、
そのキーの基準スケールと同じ構成音を弾いている事になります。

 

例えばCキーなら以下の様になり、

CM7   = Cアイオニアン   = CDEFGAB
Dm7   = Dドリアン     = DEFGABC
Em7   = Eフリジアン    = EFGABCD
FM7   = Fリディアン    = FGABCDE
G7               = Gミクソリディアン = GABCDEF
Am7   = Aエオリアン    = ABCDEFG
Bm7(♭5)     = Bロクリアン    = BCDEFGA

結局、Cメジャースケール(CDEFGAB)を弾いているのと同じですよね。

 

なので、文字面では、モード・スケール(チャーチ・モード)を切り替えてるように見えても、
全て構成音が同じなので、その楽曲(範囲)全体の調性には影響していない、と言う事になります。

 

逆に、上のチャーチモードの分類に反して、例えばAm7の所でAドリアン
(A、B、C、D、E、F♯、G)を弾いたりすると、Cキー関係のものに含まれていないF#音が、
コードの流れが醸し出している調性とバッティングするわけです。

 

この状態は、結局、「コード進行が醸しだす調性」に、強制力の様なものがあり、もし、
この進行の上でメロディーを弾く場合、コードに対して使えるスケール(≒モード)が
ほぼ固定されている事になりますよね。

 

上の例だと、Am7の所ではAエオリアン(=Cメジャースケール)以外は、
(厳密に調性感を守るのであれば)使えない(使いにくい)ことになりますから。

 

これは要するに、

「コードに対して、使うスケールが自由に選べない=旋法を選べない」

と言う事なので、先に定義した『和音側に主体が寄っている状態』だ、と。

 

これが『コーダル(和音的)である』と言う状態の基本です。

 

では最後に、今回の要点をまとめてみましょう。以下の様になります。

 

『ダイアトニックコードが一定の間隔(=一つ一つが時間的に長すぎない範囲)で
切り替わる(進行する)と、楽曲(もしくはその範囲)全体を構成する
音の集合体がほぼ固定されていく。

音の集合体(≒そのキーの基準スケール)が固定されていく、と言う事は、
その集合体が作り出す調性(key)も(ほぼ)固定されていく事になる。

よって、使えるスケール(≒モード)もほぼ固定されていくので、
パワーバランス的には、「和音側に主体がある」と言える。

これを「コーダル(な状態)」と言う』

 

と、こんな感じでしょうか。

 

さて、実は、モーダルの解説もこのテキストに含めるつもりでしたが、
コーダルの基本だけでそれなりの量になったので、この辺りでvol.2は終わりたいと思います。

 

後は他にも、例えば、

「そのキーのダイアトニックコード以外のコードが出てくる、
部分転調の様な進行(CM7-A7-Dm7-G7など)はどうなるのか?」

など、もう少しお話ししたいこともありますが、それらも次に回す事にします。

 

ここで全部やったらテキスト量が倍くらいになってしまうので。

 

それでは、次回、『モーダルとはどういった状態を指すのか?』に続きます。

 

ありがとうございました。

大沼

 

 

Comments
Leave a response

Leave a Response